ダークウェブのエアコミケ?!世論調査を行います

はい、皆さん、こんにちは。チャノさんです。
Hello everyone, Chano-san here.

実は調査したいことがあって、登録者からの意見をお願いしたいんですけど…
I’m doing some opinion research, and I have a favor to ask from my subscribers.

今年のGWはコミケですね。実は開かれるかどうか不安してるんですけど…コロナの感染者数が上がったり下がったりしてるから、五輪さえ保証できなければコミケは余計に不確かだよな。
Golden Week this year is Comiket. I’m actually worried about whether or not it’ll be held at all. Since the WuFlu numbers are going up and down all the time, if even the Olympics are in question, Comiket is even less certain.

別に中止になると望んでいないけど…むしろ、中止になったら準備会は大変なことになると思うね。でも前もって準備しないとダメだと思って…またエアコミケになったら、なんか…こりゃ、あのいわゆる「ニューノーマル」ってことですかね?
Not like I want it to be canceled or anything. If it did get canceled, the Preparatory Committee would be in trouble, actually. But you have to think and plan ahead, right? And if it becomes AirComiket again, it’s like..is this the “new normal”?

同人誌は独立したクリエイターの世界だけど、オンライン版の同人誌会は全部大企業に集中されてしまうんじゃないですか?DLSiteやboothなどを利用すると、その企業のルールに支配されちゃうね。現在、私たちはソニーがエロゲームメーカーをきつい状態にしてしまう世界に住んでいるし、世の中の企業がエロコンテンツに対して厳しくなっているから本当にこれでいいか?…って私は思うんですけど。
The doujin world is one of independent creators, but isn’t the online doujin world becoming controlled by big companies? Using DLSite or Booth means you’re controlled by the rules of those companies. We’re living in a world where Sony is screwing over eroge makers, and companies around the world are getting stricter over ero content so I get to thinking, “Is this really a good idea?”

確かに、99%の同人作家はそれでいいと思ってるけど、俺みたいな変な人に対する選択肢が欲しい。同人会はどうせオンライン版になるなら、もっと分散的、そして検閲に対して耐性ある方法を使いたい。だからアイデアを考えついた。
Well, probably 99% of doujin creators are fine with it, but I want an option for weirdos like myself. If we’re going to do doujin online, I at least want a decentralized and censorship-resistant method. So I came up with an idea.

けっこう前に、「OnionShare」というソフトのローカリゼーションに協力して、宣伝していました。主な機能はTorのダークウェブ上にファイルを共有することなんですけど、最新バージョンには、簡単onionサイトを作成する機能も付いてる。index.htmlファイルとそのコンテンツをフォルダーに作成、保存して、OnionShareで秘匿サービスとしてダークウェブのサイトを発行できる。
A while back, I helped localize and shilled for a program called “OnionShare”. Its main function is to share files
over the Dark Web, but the latest version has an added feature to host simple onion sites. If you save an index.html file and its contents in a folder, you can use OnionShare to turn it into a Dark Web onion site.

OnionShareの簡単サイトで、「ダークウエブの裏コミケット」みたいなオンラインイベントを作れるんじゃないかと思いました。例えば、作家がデジタル版の同人をその自分で作るOnionShareサイトにアップして、そのonionアドレスをメールで私に送って、私はオンラインカタログを作って発行できる。そして興味があるファンが一人一人のサイトを訪れてコンテンツをダウンロードできる。あまり詳しくない方のために、私は説明書やガイドとテンプレートなどを作れます。
So I thought, couldn’t you use OnionShare to have an “Underground Comiket”-like event? If a creator uploaded a digital work onto an onion site made this way, and sent me the address by mail, I could put up an online catalog of these sites. Then fans could go to each site and download content they like. For people not familiar, I could produce instructions, guides, and templates.

もちろん、こういうシステムで行くと、基本的に無料ダウンロードにしないといけないね。仮想通貨を使う場合、アドレスやQRコードで寄付を求めれるけど。
Of course, this system means they’d have to be free downloads. Those using crypto could post addresses or QR codes to request donations, though.

個人的に面白いと思うんですけど、1人でやると実際にあまり意味ないよね…参加者が足りなけりゃ、「祭り」の感じがしないから。だから、登録者の世論調査をしたい。具体的の内容はまだ何も決めてないけど、まずは興味を測りたいね。
Me personally, I think it sounds fun. But there’s not much point in doing it alone. If it’s just a couple of people,
it doesn’t really feel like an event. So I want to do an opinion survey of my subscribers. Nothing specific has been planned, but first I want to gauge interest.

この動画の説明に、アンケートのリンクがあります。Twitter上、そしてYouTube上の。作家として興味がある、ファンとして興味がある、それとも全く興味がないか、意見を教えて下さい。興味があまり集まらない場合、まぁ…あきらめるけど、かなりの参加したい方を集めれば、それからもっと具体的に考え始める。
So I’ve posted a link to a survey in the video description. On Twitter and on YouTube. Whether you’re interested as a creator, as a fan, or not at all, please tell me your opinion. If it doesn’t gather much interest, well… then I’ll give up. If it does, then we can start thinking more concretely.

それでは、皆さんの意見をお願いします!ありがとうございます。
So, please share your opinion! Thank you.

アンケート

Fediverse: https://pl.anon-kenkai.com/notice/A4FiBNJ2aAj5piwZ4i

Twitter: https://twitter.com/JapanAnon/status/1360797930949513219

YouTube: https://www.youtube.com/post/Ugz8UlfvPd-IBwKYyAB4AaABCQ

ClubHouseの危険性

はじめまして、私はmjさんです。

今回は初めての動画だが、clubhouseに関する危険性を説きたい。

知らない君たちに説明をしようクラブハウスというのは、招待制の音声SNSだ。挙手をして登壇しないと話せないという面白いメディアだ。しかし、便利なものには危険性が隠れている。

新たなものを悪用する奴も出てくるというのが世の中の常識だ。今回、私はいくつか警告をしよう。

このアプリの特筆すべき点は録音ができないという点だ。録音ができないと犯罪の温床となる。その犯罪はマルチ商法、違法薬物の売買、人身売買の温床となるであろう。なぜそんなことが言い切れるかって?

だって運営も通報が無い限り録音はしないと公言してるからさ。録音ができないということは、法執行機関、いわゆる警察の捜査が難しくなる。実際、私が見たものであれば、量子力学と書いていながらも、マルチ商法行為に近いことを行っている配信もあった。
私は、この配信を見て悪用される日は近いと感じた。

君たちができる自己防衛とは何があるか?1つ目はクラブハウスをしないというのが1番だが、君たちにも好きなバーチャルYoutuberや芸能人がいるから無理だね。2つ目はイヤホンジャックを分岐させてボイスレコーダーで常時録音を回しておくイヤホンジャック分岐が実際にできるかって?可能さ、画面のようなものを使えばね。

さて、警告をしてきたけど、どうだったかな?
次回をお楽しみに。

我々はアノニマス。
我々は集団だ。
許さない、忘れない、待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.20: 「グレート・リセット」を防ぎ止めよう

Hello everyone. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
ネットの皆さん、こんにちわ。「アノニマスの見解」へようこそ。

The year 2020 is over, and a new year has begun. And as many people have come to realize, our problems don’t go away just by making a number increase. If anything, they’ve probably gotten worse. And promise to grow worse yet.
2020年がやっと終わりまして、新年が始まりました。そして皆もお気きかと思いますが、年に1つ差をつけても去年の問題が消えるわけではありません。それどころかさらに悪化したと言っていいでしょう。しかも将来はより悪くなるらしいのです。

Of these problems, one of the biggest might be the (completely justified) loss of faith in mainstream institutions… particularly news media. To anybody paying attention, mainstream media has always been biased propaganda, of course. But over the last few years they’ve been doing a remarkably bad job of hiding it… to the point where even the common person in the street is starting to notice. And the vacuum created by this loss of faith is, unfortunately, filled by opportunists and lunatics in equal measure.
去年における最大の問題は、社会の基本的制度に対する(とはいえ、全く当然の)信頼の喪失です…特にマスコミに関する信頼です。もちろん、当チャンネルをご視聴の聡明な皆さんは、すでにマスコミ自体がプロパガンダの塊であるとお分かりのことだと思います。けれども、ここ数年でメディアにおける客観性の幻想を維持させるのがあまりにも稚拙すぎて、政治、社会問題に無関心な一般大衆ですら気付き始めてしまっている段階に達してしまいました。そしてその信頼の喪失を利用しようとする日和見主義者や頭のおかしな扇動者は至る所に出現しているのです。

Now, I’m not saying this is necessarily by design… but it does result in a fog-of-war effect with regards to information online. Every nugget of truth is buried beneath overconfident speculation and straight-up lies. Hiding the truth in the age of information may not be easy, but a high enough noise-to-signal ratio makes it very difficult to verify, let alone find.
意図的に仕組まれたとまでは言い切るつもりはありません。しかしながら・・、現在インターネット上では情報に対する「戦場の霧」が発生しており、少しばかりの事実が山ほどのデマや憶測、陰謀論に紛れ込んでしまっており、結果的に霞んでしまっています。この情報化時代においては事実を覆い隠すのは容易ではありません。ですが、「信号:雑音」の比率をわざと増幅させれば事実を隠蔽することが可能なのです。

Case in point, the “Great Reset”. You may have heard the name before, but what exactly it is depends on who you ask. To some groups, it’s a plan by the World Economic Forum (WEF) to overthrow sovereign nations and install a communist one world government. To others, it’s a go-nowhere moonshot project cooked up at the Davos forum and doomed to failure. And to the media propagandists, it’s a fabricated conspiracy theory with no connection to reality.
好例として、「グレート・リセット」を見てみましょう。皆さんの中にはもしかしたら、どこかで聞いたことある方がいるかもしれません。とはいえ、それが一体何なのかと尋ねられると、その答えは誰に話しかけているかによります。例えば、ある種の人々によれば、世界的な共産主義政権を課す世界経済フォーラム(WEF)の計画です。他の方によれば、ダボス会議で考え出されたかなわぬ夢にすぎません。もちろんマスゴミにいわせれば、「グレート・リセット」とは単なるネット右翼によって夢想された陰謀論に過ぎないことでしょう。

Rather than argue over which version is correct, we’d like to cut through the fog of war entirely and examine the World Economic Forum’s own website on the Great Reset, where they make no effort to hide the fact that it does, in fact, exist and is being seriously considered by several world leaders. And as we’ll quickly see, even by the WEF’s own description, the Great Reset is a terrible idea that should never be realized.
どの説明が正解であるかにこだわるより、「戦場の霧」を切り抜けて、WEFの「グレート・リセット」に関する情報サイトを調査したいと思います。実は、WEFがグレート・リセットについて包み隠さずに語っており、さらに世界の首脳が計画への支持を表明していることですら秘密にはしていないのです。そして、少し調べればすぐに分かるのですが、WEFの基準から見ても、グレート・リセットという代物は到底実現されるべきではない良からぬ構想なのです。

The WEF begins by talking about the deep economic impact caused by COVID-19 lockdowns in countries across the world. These impacts are real, certainly… though largely caused by mandatory, government imposed closures enforced at virtual gunpoint. In the US and Europe in particular, businesses have been forcibly closed against the will of both owners and customers, and punishing fines have been given for the smallest infractions by the few businesses that are allowed to remain open. It’s interesting to note that a recent Standford study found “no clear benefits” to these lockdown measures… in other words, they did little to stop the spread of the Chinese virus. But they did, conveniently, bring about the “sharp economic downturn” that the WEF cites as justification for their plans.
まずは、WEFが様々な国々おけるコロナウィルスに対するロックダウンから生じた経済的マイナス影響について語ることから始めましょう。たしかに、マイナス影響が事実ありました。しかし、その原因は政府による企業及び店舗への事業の強制閉鎖命令でした。特に米国とヨーロッパで、事業主と顧客の意思に反し多くの事業は強制的に閉鎖され、そして開業を続ける許可をもらった事業ですら厳しい規則の違反に対する罰金を科せられるリスクがあるのです。興味深いことに、スタンフォード大学が行った最近の研究によれば、このような強制的なロックダウンには「実証された効果がない」と結論付けました。つまり、ロックダウンはコロナの感染を減らさずに、WEFがグレート・リセットの正当化として挙げる「経済的後退」の影響をもたらしただけなのです。

“To achieve a better outcome, the world must act jointly and swiftly to revamp all aspects of our societies and economies, from education to social contracts and working conditions. Every country, from the United States to China, must participate, and every industry, from oil and gas to tech, must be transformed. In short”, says the WEF, “we need a ‘Great Reset’ of capitalism”.
「より良い成果をもたらすには、教育から社会契約や仕事に至るまで、私たちの社会と経済のあらゆる側面を刷新するために、世界はお互いに協力し迅速に行動せねばならない。米国から中国までのすべての国が参加し、石油やガス、ハイテク産業まで、すべての産業を変革する必要がある」
「私たちに今必要なのは、資本主義の『グレート・リセット』なのである。」
WEFはこのようなことを謳います。

What specific changes does this “Great Reset” involve? The WEF is short on specifics, but big on lofty rhetoric. According to their site, they want to “steer the market towards fairer outcomes” and for governments to “promote more equitable outcomes”. What exactly does this mean? Your guess is as good as mine, but words like “fair” and “equitable outcomes” are certainly red flags. They may conjure positive images in most people’s minds, but they’re also very subjective. What constitutes “fair” is an opinion that requires a central authority to determine, and where necessary, adjust outcomes to create the kind of “fairness” it envisions. This is completely different from “equality of opportunity”, where people are given the same starting conditions but have to achieve results through their own effort.
「グレート・リセット」はどのような変革をもたらすのか? WEFは言葉遣いは仰々しいですが、その中身は乏しいです。サイトによれば、「より公平性のある市場を目指し舵取り」をしたい、そして世界中の政府に「より公平な結果を促進すること」をしてもらいたい。具体的に何をすべきかは我々の想像に任せられたらしい。でも「公平性」や「公平な結果」という言葉遣いは、一目して肯定的なイメージを呼び起こしますが、これらの言葉は実際には極めて主観的であり、危険信号と言えるでしょう。何が「公平」で何が「不公平」であるかどうかは、それぞれ異なる個人同士の意見の問題だし、事実上、決定するためには中央権力機構が必要です。その中央権力機構が決定する「公平な結果」を実現するには「強制的な調整」も必要です。これは「機会均等」、つまり同じ出発点から自分の努力で結果を得ることとは全く違います。

We are given a glimpse, however, of the WEF’s vision of a post-Great Reset world in the form of their marketing material. As far back as 2016, the WEF’s Twitter account posted an image declaring that in the year 2030 “you’ll own nothing, and you’ll be happy”. Whether this was a suggestion, a promise, or a threat remains in question, since they deleted it last year after it started getting more negative attention than they wanted.
しかし、WEFは販促資料の形で彼らが部分的に「グレート・リセット後の世界観」を披露しました。かつて2016年に、WEFのTwitterアカウントはこの画像を投稿しました :「2030年、あなたの私有物は存在しなくなるだろう。だからこそ幸せになる」 これは提案なのか、約束なのか、それとも脅しなのか未だ不明ですが、その画像は去年に好ましくない形で注目を浴びた後、WEFが投稿を削除しました。

That image was based on a 2016 blog post by Ida Auken, a member of the Danish Parliament, who laid out her predictions for the year 2030 after the Great Reset was realized. These predictions include not owning your own clothing, sharing your house with random strangers, and living under round-the-clock total surveillance. Put simply, Ms. Auken’s idea of a perfect world was one where citizens owned no property at all, and only temporarily rented everything, including clothing and housing, from the government. Between “green energy” and recycling, Ms. Auken assumes there will never be a shortage of resources, and everybody can have whatever they want at any time.
この画像はデンマーク議会議員【イーダ・アウケン】氏が2016年に投稿した自身のブログから引用されました。彼女はそのブログ内で、「グレート・リセット後の世界」の予測を述べています。その予測の中で、自分の衣服すら所有しないこと、全ての住宅は共同所有であること、さらに年中無休の監視社会下で生活することすらも含まれていました。要約すると、彼女が言うところの「グレート・リセット後の世界」では個人の私的な所有物はいらず、国民は全ての必要な物を、服と住宅も含めて、政府から一時的に貸し出されます。グリーンエネルギーとリサイクルのおかげで、資源の不足という問題はありません、そして国民が何を望んだとしてもすぐに入手できるとアウケン氏は予想します。

After the post gained more attention, Ms. Auken attempted to clarify that this was not her utopia or dream of the future… but it’s very difficult not to read a tone of gushing praise in her predictions, nor the tone of condescension towards people who reject her fantasy world. As for the perpetual surveillance, her half-hearted concerns about it occupied a mere four sentences out of an 882-word essay. Hardly a balanced assessment of pros and cons.
このブログが世界から注目を集めた後、アウケン氏は自身の立場を明らかにしようとしました。特に、その2030年の予想は必ずしも理想的な世界ではないことを主張しました。でもその予想に関する彼女の過剰な称賛口調、またアウケン氏の理想的世界を拒む人々を見下すような論調も見逃すことはできません。監視社会への中途半端に懸念している箇所は、ブログ記事全文882語の内たった4文しか言及されていません。これでは、バランスの取れた意見とはとても思えません。

It’s difficult to say whether Ms. Auken’s vision is representative of the WEF’s plans for the Great Reset, but the fact that her blog post made its way into their official PR material certainly suggests they approve of it. And that should be worrying for a number of reasons. No matter how utopian her vision of a post-scarcity future may be, it is built on the premise of stripping human beings of their agency. The reality of resource limits and the flaws of centrally planned economies means that inevitably, people will stop being able to get whatever they ask for, and will start being told what they can and can’t have… whether they’re happy with it or not. And when you own nothing, not even the clothes on your back or the roof over your head, this means your survival is completely dependent on whoever provides them to you.
アウケン氏のブログはWEFの計画を代表するかどうかは評価しにくいと言えるでしょう。とはいえ、彼女のブログはグレート・リセットの販促資料に使われたという事実が、少なくともWEFがそれを支持すると暗示しています。その点においては憂慮すべきです。アウケンさんの脱希少性経済の予期がどれほど理想的であろうと、個人から行為者性(=行動・選択の自由)を奪うという思想に基づいています。資源の不足という事実、そして計画経済システムの失敗の連続を考えると、いずれ国民が何を欲しいにも関わらず入手できる物資は政府による制限を受けることになります。そして自分の服と住宅すらも所有しない国民の生活は、必然的に政府に完全に依存することとなるでしょう。

The power to provide you with everything also necessarily means the power to deny you access to anything. Considering we already live in a world where mainstream political parties in the US or Australia are openly discussing denying banking or travel services to people for their political beliefs or medical decisions, it’s very believable to think a Great Reset government would happily do the same. Pair that with the total surveillance that Ms. Auken fully admits will exist, and you have the makings of a disturbing dystopia where you get to choose between total obedience to your benefactors, or being left a penniless outcast…similar to how Chinese Social Credit already functions.
人々へ必要な物を必要な時に提供できる力は、必要な物への自由なアクセスを拒否できる権力と同義です。米国と豪州では、銀行・旅行サービスを政党所属それとも医療選択によれば拒否できる権力を求めたい方がいると考えると、グレート・リセット下の政府は同じことをする可能性があると考えても大げさではありません。アウケン氏のブログに語った完全なる監視も含めると、「グレート・リセット後の世界」は完全なディストピアのようにに見えます。政府の命令に従わない国民が一文なしの「のけ者」となる世界です。実は現在に中国が使ってる「社会信用システム」と非常に似てます。

Whatever the WEF’s real plans are for the Great Reset, it’s difficult to dismiss the whole thing as an impossible dream project. Leaders in the UK and Canada have already spoken in support of the idea, with terms like “build back better” as their slogan. And always insisting that COVID-19 has created a “small window of opportunity” that must be exploited quickly “before its too late”.
WEFがグレートリセットのために、本当に計画を立てているのかどうかはともかくとして、その全てを不可能な夢のプロジェクトだと断定して却下するのはとても難しいのです。イギリスとカナダの指導者は「より良い復興(ビルド・バック・ベター)」というスローガンを使いながら、グレート・リセットの支持を表明しました。そしてグレート・リセットの支持者は常に、コロナウィルスが「手遅れになる前の迅速に動くべきほんの短い時期にチャンスが来るであろう」と主張します。

Rushed decision-making in a crisis is almost universally a bad idea, and sweeping changes to our society and economy should not be made by a small handful of oligarchs at the Davos Forum. Given that the WEF’s partners include Google, Amazon, Facebook, Apple, and large firms with ties to the authoritarian Chinese government (to say nothing of other sinister, influential groups), there is almost no reason to believe the WEF’s ideas for a Great Reset will benefit the average citizen. Many of these partners are actively engaged in censorship and authoritarianism, and they will absolutely try to influence the shape of this new society to their own benefit. Far from Ida Auken’s utopia, the post-Great Reset world is more likely to be an Orwellian dystopia.
危機的状況の中で、重要なことに関して急いで決断してしまうと、物事は大抵劣悪な方向へ進むこととなります。また、とある判断が社会や経済にとって劇的な変化が伴う場合は、それをダボス会議に参加資格があるような、少数の選ばれたエリート達のみに任せるべきではありません。 WEFのパートナーの中にはグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル社、そして中国政府とつながりがある大企業(そして他の不吉な集団)も含まれていることも忘れないで欲しいのです。 WEFが計画する「グレート・リセット」という代物は一般の国民の利益になるわけがありません。そのパートナーの中には検閲や権威主義的な行為に賛同・参加する団体があまりにも多いのです。彼らはグレート・リセット計画に対し、自分たちの利益のために大いに影響を与えることでしょう。しかしそれは、イーダ・アウケン氏が夢想した理想的な世界とは程遠く、ジョージ・オーウェルが小説『1984年』で描いていたようなディストピアにすぎないでしょう。

Whether the Great Reset is a world domination plot or a foolish bureaucratic pipe dream, the threat it poses is the same. Sweeping changes on the scale the WEF proposes have all the same potential for damage either way. Rather than argue about the WEF’s intentions or loyalties, we’re better off focusing on our common area of interest: trying to prevent it from happening in the first place.
さて、一体グレート・リセットとは世界を支配するための計画なのでしょうか。それとも愚かな官僚支配主義的な妄想にすぎないのでしょうか。いずれにせよ、もたらされる危険は同じです。WEFが求めているような急激過ぎる変革は全世界の社会にダメージを及ぼす可能性が十分にあります。 WEFの本当の目的について議論するより、共通の目的に集中させる方が効果的です。
――というより、そもそも「グレート・リセット」を最初から実現させないことです。

There’s no denying that problems exist in our societies and economies. And where an opportunity exists to make changes, it should be taken. But for these changes to be lasting and positive, they need to be created consensually by individuals and communities from the bottom up, not unilaterally by elites and oligarchs from the top down. The Great Reset is a bad idea, and the next time you see a wealthy executive or elite politician urging the need to “build back better”, you should remember that they don’t have your best interests at heart.
現在の社会や経済に様々な問題があるのは当然です。そしてチェンジできる機会があれば、もちろんチェンジすべきです。しかし、長期的な、そしてプラスのチェンジを望むならば、エリートからの強制を伴うトップダウン型の意思決定ではなく、一般の個人や民衆、地域社会からの合意の上で実現させる必要があります。「グレート・リセット」は思いつく限り最低最悪のアイデアです。そしてまた次に、エリートの側である政治家や巨大企業の最高幹部が「より良い復興」の必要性を声高に要求し始めたら、彼らの本音の部分では、我々普通の国民の利益など全く考えてないことをよく心に留めておいてください。

This was ANONYMOUS NO KENKAI… and until next time, MACHIUKE NASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。

サイトのリニューアル

以前のホスティングプロバイダーといろいろあって、急いで新しいホストに移動しました。残念ながら、ニュース投稿を前のサーバーからバックアップを取れなかったため、全てが消されてしまったw。申し訳ない。

アーカイブを使って、できる限りページを元に戻しましたけど、ニュース投稿のバックアップを入手したら、ニュース投稿も元に戻したい。今のところご理解下さい 。

m(_ _)m

「Bisq」:中央型ビットコイン取引場を捨て去ろう

The cryptocurrency market in Japan has seem many ups and downs since the rise of Bitcoin and its various Altcoin offshoots over the last decade.
ここ10年間に渡り、ビットコインやその分派であるアルトコインの台頭からというもの、日本の仮想通貨市場には栄枯盛衰がありました。

There was a time when Japan was regarded as an up-and-coming leader in cryptocurrency legislation. In 2017, Japan declared Bitcoin legal tender. Japanese banks began to openly consider the use of blockchain technology for their own services. Shops and restaurants across the country began accepting crypto, while Bitcoin ATMs and exchange platforms appeared one after the other.
日本は仮想通貨関連の法律の制定に関して有望な国と見られた時期がありました。2017年に、ビットコインは法貨であると言明されました。日本の銀行はブロックチェーンの使用を金融システムに組み込むことをオープンに検討していました。様々な店舗が仮想通貨の支払いに応じ始めていました。そしてビットコインATMや取引場の企業次々に現れました。

But over time, the situation began to change. In 2018, the Financial Services Agency began to pressure exchanges to drop support for privacy coins like Monero and ZCash. This escalated into a full ban in July of that year, which coincidentally aligned with the launching of PayPay, a centralized and corporate controlled cashless payment system. Bitcoin ATMs began to slowly disappear around the same time, and businesses accepting crypto began to wane as well. In 2019, the National Police Agency spent nearly 3 billion yen on internet surveillance tools, including software to monitor popular cryptocurrency blockchains and their transactions.
しかしながら、時間の経過と共に、状況が変わってしまいました。2018年、金融庁が突如圧力をかけ、取引場にいわゆる「プライバシーコイン」(モネロ、ZCashなど)の取引を停止させてしまいました。引き続き、同年7月にあらゆる取引場でのプライバシーコイン取引は公に禁止されました。偶然にも、同時期に集中型取引システム企業傘下のキャッシュレスシステム「PayPay」が設立されました。日本中のビットコインATMは密かに消えてしました。その結果、仮想通貨の支払いに応じる店もだんだん少なくなりました。2019年に、警察庁がオンライン監視の技術(仮想通貨のブロックチェーンや取引の監視システムも含めて)にはほぼ30億円を費やしました。

What started as a decentralized technology enabling peer-to-peer finance between individuals has instead become a sterile corporatized market, surveilled and restricted by the very institutions it was made to circumvent. Japanese users who wish to purchase privacy coins could still register with overseas exchanges. But considering the willingness of Japanese ISPs to cooperate with government requests for Site Blocking, they could very easily restrict access to foreign exchanges in the near future. Even if they didn’t, all transactions originating from Japan would be subject to Police surveillance. And the case of Coinhive and Moro-san has shown that the Japanese Police are willing to crack down harshly on anybody who even dabbles in privacy coins.
最初は個人間のP2P金融取引を可能にする分散的技術だったのに、夢のない事務的な市場になってしまいました。この技術は金融機関を迂回することを目的として作られましたが、結局のところはその金融機関に監視・管理されているのが現状です。確かに、プライバシーコインを入手希望する日本国民はとりあえずは海外の取引場に登録できます。とはいえ、万が一にも日本のプロバイダーが政府のサイトブロッキング要請に従う意向を示した場合、いつの日か海外の取引場へのアクセスもブロックする可能性はないとは言えないでしょう。ブロックとまではいかなくても、日本からの取引は既に、全て警察監視システムの対象と化しました。そして、モロさんの件と、コインハイブ事件の前例から見ても、警察は躊躇なくプライバシーコインにほんの少しだけでも手を出してしまった人を弾圧することでしょう。

And all of this strikes us as a terrible waste of potential. Which is why we feel it’s necessary to tip the balance of power, however slightly, back towards the individual.
この状態は、我々からするとプライバシーコインが持つ秘められた可能性を、わざわざドブに捨ててしまっているという感じを与えます。であるからこそ、ほんの少しだけでも、力関係を変化させて個人の側に有利になるように揺り戻したいと思います。

On November 24th, 2020, v1.5.0 of “Bisq” was released. Bisq is a decentralized, peer-to-peer cryptocurrency exchange allowing individuals to freely trade cryptocurrency without the need for permission from any centralized entity. By routing all traffic through the Tor network, it provides a layer of privacy and anonymity for traders, while an automated escrow and robust arbitration system discourages fraud.
2020年11月24日に、「Bisq」バージョン1.5.0はリリースされました。Bisqは分散型、P2P仮想通貨取引場で、個人ユーザに集中型の当局から許可を得る必要とせず、お互いに仮想通貨取引する権限を与えます。全てのトラフィックはTorネットワークを介して通信されますので、トレーダーにある程度のプライバシー及び匿名性を提供します。そして自動的なエスクロー・サービスと堅牢な仲裁制度が不正行為を妨ぎます。

More importantly, v1.5.0 is the first version of the Bisq client to be fully localized into Japanese. And because Bisq allows permissionless trades between individuals, it allows Japanese users to trade in privacy-respecting cryptocurrency while shielding themselves from the brunt of the Police’s surveillance powers. While Bisq alone is not enough to guarantee total privacy or anonymity, it is another useful tool in the toolbelt for the privacy-conscious Japanese citizen.
さらに重要なことに、Bisqはバージョン1.5.0ではクライアントソフトが完全に日本語へとローカライズされました。そして個人ユーザが、当局の許可を得ることを必要とせず、仮想通貨取引が可能であるからこそ、Bisqで日本国民が政府の監視から守られながら自由にプライバシーコインの取引が可能です。Bisqのみでは完全なるプライバシー及び匿名性を提供できるとは限らないが、プライバシー意識の高い日本国民にとって役立つツールになることでしょう。

A peer-to-peer currency is meaningless if it’s bottlenecked through a centralized marketplace. We encourage all Japanese cryptocurrency traders to use Bisq, and free themselves from the arbitrary limitations of corporate exchanges.
たとえ「Peer-To-Peer通貨」を使用したとしても、集中型システムの取引場に頼ってしまうのでは、
分散的技術を無意味にします。日本の仮想通貨トレーダーの皆さんへは、Bisqの利用を強く推奨いたします。取引場の恣意的な管理下から解放しましょう。

デジタル庁とプロバイダ責任制限法の改正に応えて、「セッション・アプリ」を紹介します

In the second year of the Reiwa Era, Japan is facing unprecendented change. Along with the arrival of a new Prime Minister, the nation is also being promised a new “Digital Agency” that will cut through the red tape of the old bureaucracy and modernize government for the betterment of its citizens.
令和時代の2年目に、日本がかつてない変革に直面しています。新しい総理大臣と共に、政府の官僚主義を改めて国を近代化する「デジタル庁」の設立が約束されました。もちろん、より良い社会作りのために。

But will it truly better the lives of citizens? Or will it only enhance the power of an already powerful government?
けれども、本当に社会を良くするのでしょうか?それとも既に強権的になっている政府をさらに強化させるのではないか?

One of the policy goals of this “Digital Agency” is to expand the use of the already unpopular MyNumber system, which consolidates the personal and financial information of citizens into a single database under constant government surveillance.
「デジタル庁」の政策目標の1つのは、悪評高いマイナンバーシステムの使用を拡大することです。このシステムの目的は全ての市民の個人情報、そして財務情報を政府に管理・監視されたデータベースに集中化することです。

In recent years, we have also seen the creation of Chinese-style Social Credit score systems such as “JScore”, which offer an inescapable Panopticon in exchange for a few paltry virtual points or discount coupons. Though JScore is a private venture, it is already known that Japan’s “Digital Agency” will lean heavily on the private sector. The possibility for the integration of JScore into the MyNumber system is not only possible, but likely.
近年は、中国のように「社会信用スコア」(例えば”JScore”)も日本に現れています。この手のシステムは、完全な監視社会(パノプティコン)を強要します。とはいえ、バーチャルポイントや割引券をバラ撒くことで、我々市民の注意の目をそらしてしまうことでしょう。ちなみにJScoreは民間セクターのプロジェクトですが、「デジタル庁」には民間セクターの関与があるとすでに発表されました。つまり、JScoreのような信用スコアのマイナンバーシステムへの統合が大いにあり得ることでしょう。

Finally, the cooperation of certain Japanese agencies… most notably the Cabinet Intelligence Research Office and the Directorate for Signals Intelligence… with foreign intelligence agencies shows that not only is total surveillance of the Japanese internet happening, it is largely done at the behest of foreign powers.
最終的に、日本と米国の諜報機関の間の協力関係(とくにCIROとDfS)を観察していれば、日本国内のインターネットが完全に監視下に置かれるだけでなく、大部分的に外国勢力の言いなりになってしまうことは言うまでもありません。

The likelihood that all of these things to be integrated and expanded upon under the “Digital Agency” creates the potential for a total surveillance state under which the citizens’ right to privacy will be violated as never before.
このような問題は「デジタル庁」の下に統合・拡大され、市民のプライバシーはかつてないほど侵害される監視社会が産み出される恐れは、十分にあります。

That potential is already in the process of being realized. It was only one year ago that the Japanese Ministry of Internal Affairs and Communications wanted to request Japanese ISPs to actively block websites under the pretense of stopping manga piracy. Now the Ministry has yet another “interesting proposal” to offer.
その恐れは今、実現されている最中です。去年、総務省は海賊版マンガの脱法投稿に心配するふりをして、憲法第21条を違反しているにもかかわらず、サイトブロッキングを合法化しようとしていました。今年、総務省は再び「素晴らしいアイデア」を考えています。

On May 23rd this year, Japanese wrestler Hana Kimura tragically ended her own life. The media was quick the seize upon the story, making hateful internet comments the sole reason for Hana Kimura’s passing. Popular anger was mobilized, and then exploited to lobby for amendments to laws governing the Disclosure of Sender Identification Information. These laws provide liability protection to service providers and online platforms when requested to disclose personal information of their users in response to lawsuits.
今年の5月23日に、女子プロレスラー木村 花さんは悲しいことに自ら命を絶ってしまいました。マスコミは早急にこの事件に付け込み、木村さんの自殺を全部オンライン中傷コメントのせいにしました。これを口実に世論を利用し、政府が発信者情報開示に関する法律への改正を働き掛けました。この法律は、情報の流通によって権利の侵害があった場合について、プロバイダーの損害賠償責任の制限そして発信者情報を開示する権利を定めます。

Under new proposals, internet service providers and platform operators would be requested to not only maintain logs of user IP addresses and timestamps of user activity, but also to disclose phone numbers used for Two-Factor Authentication. Lawyers in favor of these amendments even speak of automated infrastructure to more quickly and easily harvest phone numbers and other identifying information on request from providers.
今回の提案された法律の改正案によれば、プロバイダー及びオンラインプラットフォーム管理者は、ユーザー活動のログ(IPアドレスやタイムスタンプ等)を保存する義務を有するだけではなく、個人認証のために収集される携帯電話番号をも開示しなければなりません。法律の改正に賛成する弁護士達は、すでにユーザーログや電話番号の情報開示をより早く申請できるインフラがどこであるかについて、談義しています。

Online slander can certainly cause problems and even harm to individuals, but increased surveillance is not an acceptable solution. Indeed, any such surveillance power is likely to be abused under the umbrella of a future “Digital Agency”, with the definition of “slander” expanded to include government critics and independent journalists.
ネット上の中傷は由々しき問題です。確かにそれは我々にとって有害です。とはいえ、政府によるさらなる監視はとうてい受け入れられる解決策とは言えません。逆に、それらような権力は間違いなく「デジタル庁」によって乱用されます。そして「中傷」の合法的定義が恣意的に拡大解釈され、その範囲は政府への批判そして独立ジャーナリズムまでもが含められるでしょう。

As we have often said in the past, relying on third parties to defend your rights is almost the same as having no rights at all. They only exist as far as your ability to defend them yourself, and the right to privacy is no different. If the Japanese government wishes to collect identifying information from online platforms, then our only choice is to use platforms that cannot provide any identifying information at all.
これまで述べ続けてきた通り、権利の保護を第三者に任せるということは権利を放棄することと何ら変わりません。自身の権利が欲しいのなら、自ら保護しなければなりません。プライバシーもそうです。政府がオンラインプラットフォームに発信者情報の開示を請求したいのなら、我々には発信者情報を全く収集できないプラットフォームを利用するしか術がありません。

In the past, we have introduced a variety of software solutions to allow you to protect your own privacy online. This time、in response to the Caller Information Disclosure proposals, we wish to introduce “Session”.
以前に、我々はプライバシーを保護できるツールを、日本国民である皆さんに紹介いたしました。今回、発信者情報開示法律の改正に対して「セッション」というアプリを紹介したいと思います。

Session is an open-source messaging application which uses decentralised storage servers and an onion routing protocol to send end-to-end encrypted messages with minimal exposure of user metadata. Session works to reduce metadata collection in several ways:
セッション はオープン・ソース、安全なメッセンジャーアプリです。分散型記憶サーバ、そしてオニオンルーティング・プロトコルにより、メタデータの暴露をできる限り防止しながら、終端間暗号化されたメッセージを通信します。
セッションは、いくつかの方法でメタデータの収集を軽減しています:

Firstly, Session does not rely on central servers, instead using a decentralised network of thousands of nodes.
第一に、セッションは中央型サーバーに頼らず、何千もの分散型ノードのネットワークを使用します。

Secondly, Session ensures that IP addresses cannot be linked to messages sent or received by users.
次に、セッションがIPアドレスへ送られるメッセージとつながらないように、そしてさらに相手に受信されないよう安全性を確保します。

Thirdly, Session does not ask or require users to provide a phone number or email address when registering a new account. Instead, it uses cryptographic keys as the basis of an account’s identity.
最後に、セッションではアカウント作成の際、メールアドレスや電話番号を必要としません。その代わり、暗号の公開鍵システムをアカウント識別のための基準として使用します。

Session has recently been translated into Japanese, and is available for download on a variety of platforms. Session is also part of a larger project, “Lokinet”, which provides more tools and infrastructure to help you protect your own privacy online. We are currently translating Lokinet documentation into Japanese, in hopes for a Japanese version on final release.
「セッション」は最近、日本語にローカライズされており、様々なプラットフォームで入手しインストールできます。そして「セッション」は、実際に「Lokinet」というプライバシー保護ツールやインフラを提供する巨大プロジェクトの一部です。我々は現在、日本語版のリリースをさせる目標として、Lokinetのマニュアル、ユーザガイドを日本語にローカライズしている再中です。 

We encourage all Japanese internet users to follow the development of both Session and Lokinet, and begin embracing privacy protecting infrastructure now, before the “Digital Agency” fully rises to power.
全ての日本国民の皆さんへ、「セッション」及びLokinetの開発を見守るよう、よろしくお願い致します。「デジタル庁」が設立される前に、そして全てが手遅れになる前に、我々はプライバシー保護ツールとインフラを手に入れなければなりません!

アノニマスの見解 Ep.19:アンチファの正体

Hello everybody. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
皆さん、こんにちは。アノニマスの見解にようこそ。

Sadly, the descent into chaos and madness that is the year 2020 only seems to be accelerating month by month. Things are getting particularly dire for our American neighbors across the Pacific, as violent mobs burn cities, topple statues, and shoot bystanders under the pretense of protesting for social change.
まことに嘆かわしいことですが、この2020年という年における混乱と狂気への転落は月ごとに加速しているようです。太平洋の向こう側に位置する超大国アメリカは、今年に入り特に悲惨な状態に陥りました。暴徒共が「社会変動のために抗議する」と称し、彫像を倒したり、街に放火したり、ただそこに居合わせただけの一般市民に銃を乱射したりしています。

It would be a mistake to say it’s only America’s problem, however. The same madness plaguing their country is starting to seep into Japan, and that brings us to today’s topic… Antifa.
とはいえ、もしこれらの事象を海の向こうの遠い国アメリカだけの問題だとお思いなら、皆さんは大きな間違いを犯しています。今そこにある狂気は、ここ日本にも流れ込んでいます。さて今回のトピックに移行しましょう・・・すなわちアンチファ。

For our overseas audience, the information in this video may be familiar, if not obvious. But what’s common knowledge abroad isn’t necessarily well-known in Japan, and one of our goals here is to inform our Japanese audience about the wider world.
海外の視聴者の皆さんにとっては、この動画の情報はすでに馴染みがあるかもしれません。とはいえ、海外における一般常識は必ずしもここ日本で知られているわけではありません。そしてこのチャンネルの目標の一つは、世界についての情報を日本の人々に伝えることです。

In fact, some of our Japanese viewers may have heard the name “Antifa” before. Others might recognize their flags and symbols. Groups working under the banner of Antifa or their ideology have actually existed in Japan for many years… and I would know. Speaking personally, I’ve participated in some of their events in the past, though it’s an association I both regret and denounce now that I know them better.
実は、日本の一部の視聴者の皆さんも、アンチファについて耳にしたことがあるかもしれません。彼らの旗章を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。実際に、アンチファの旗印を掲げる団体は何年間も日本で活動しています。「私」はその事実をひどく意識します。個人的な話になりますが、この動画投稿者である私「チャノさん」は昔、日本アンチファのデモに参加したことがあります。アンチファの隠された本性を知ってしまったその時から、その選択と決意を悔やんだけれども・・・。

More recently, Antifa flags have been seen at the numerous “Black Lives Matter” protests across Japan, to the degree where it’s fair to assume that their presence is both welcomed and encouraged by the BLM movement, such as it is.
しかも、現在日本中で見られる「BLMブラック・ライヴズ・マター」デモにアンチファの旗印がしばしば目に付きます。考えてみれば、彼らの参加はBLMによって歓迎されていると見て間違いないでしょう。

But who, or what, exactly is “Antifa”? The answer to that question is more complicated than it may seem, in no small part because of the willful deception practiced by Antifa members themselves. So to understand the truth, we’ll need to peel back the layers of rhetoric and propaganda, and weigh their words against their actions.
それにしても、実のところアンチファとは一体何者なのでしょうか?その質問の答えはかなり複雑です。少なからずアンチファ自身の詭弁および偽装、隠蔽のおかげで。さて、真実を知るために、まずはプロパガンダや詭弁、偽装等彼らの化けの皮を剥がし、彼らの言葉ではなく行動を見てみましょう。

But it is worth briefly looking at that rhetoric, if only to dismantle it. So let’s start with the first and most common fallacy:
しかしながら、彼らの詭弁に反論するためには彼らを理解する必要があります。それでは、アンチファによく使われるごまかしを研究してみましょう:

“Antifa just means anti-fascist, so anybody who opposes fascism is Antifa”
「アンチファとは、反ファシズムの意味。つまり、ファシズムを反対すれば誰もがアンチファです」

This idea is a smokescreen often used to deflect criticism away from the ideology or actions of Antifa groups. This falsehood serves two purposes; it implies that opposing Antifa is morally equivalent to supporting fascism (an attempt to shame or silence criticism), and it whitewashes other, less palatable elements of the Antifa ideology such as the use of preemptive violence, or revolutionary Socialism.
このような戯言はアンチファの行動やイデオロギーに関する批判をそらすためのカモフラージュ的な詭弁にすぎません、また、この手の論理のすりかえは二重の目的を果たします。アンチファへの批判をファシズムへの支援と同類とさせる(批判者に恥の意識を植え付け、黙り込むために)、そしてイデオロギーの論議を呼ぶ部分を表面化させないようにします(例えば先制暴力かそれとも革命的社会主義か)。

When people say “Antifa”, they aren’t referring to the idea of being against fascism. They’re referring to discrete groups of individuals wearing a certain set of symbols, engaging in particular tactics (typically violent or coercive ones). Being opposed to fascism and hating Antifa are far from mutually exclusive.
実際は「アンチファ」と呼ばれる存在は単に「ファシズムに反対する人」という意味するのではありません。共通の旗印と(特に暴力的の)戦術を利用する特定集団について触れます。「ファシズムに反対すること」と「アンチファ」を嫌うことは互いに矛盾するわけではありません。

“Antifa isn’t an organization, it’s just a set of ideas”
「アンチファは団体ではない。一連の思考である」

This one is interesting in that it’s technically true, but is often used in a misleading fashion. It’s certainly true that Antifa doesn’t have a top-down hierarchical structure, with a leader at the top giving orders to their forces around the globe. Antifa actually operates in a cell structure, with individual groups operating independently of each other following a common ideology.
興味深いことに、この言葉は事実ではありますが、人々を意図的に惑わす詭弁として用いられています。確かに、アンチファはトップダウンのピラミッド型組織ではなく、また世界中のアンチファ軍団がどこかの大魔王から命令を受けているわけでもありません。実は、アンチファは一つの同じ旗(=思想、イデオロギー、名目)の下に集まった多数の小グループ群という構造になっています。従って、個別の小団体は共通のイデオロギーを持ちながら、お互いに独立して活動しています。

This defense is often used to associate criticism of Antifa with supposed “conspiracy theories”. Saying that Antifa is a group isn’t the same as accusing them of them being a secret shadow army of the global elites.
この手の詭弁は、アンチファへの批判をいわゆる「陰謀説」と結び付けようとさせます。アンチファは団体であるということと、アンチファはグローバルエリートの秘密の影の軍団であることとは同義ではありません。

The truth of the matter is, while Antifa may not function as a unified group, their organization makes it easy for them to be manipulated by outside forces. Many Antifa cells rely on outside sources of income, and that support can come with strings attached, or be selectively given to groups that align with outside interests. So while Antifa cells may be structurally and operationally independent, they can still be steered in a particular direction by whoever’s providing them with funding and resources.
実際のところ、アンチファは統合された団体ではないにも関わらず、その組織構造のおかげで外からの力に影響を受けやすくなります。多くのアンチファ支派、分派的小団体は外部からの収入源に頼り、そして多くの場合にはそれは条件付き資金提供です、従って資金提供者の利益に合致する団体のみに提供されます。つまり、アンチファ小団体は構造的に独立だとしても、パトロンによってある方向に誘導されることが可能です。

So, beyond the rhetoric, what is the common ideology that unites these disparate Antifa cells?
では、彼らの対外向けの詭弁についてはさて置き、アンチファ小団体内部の共通イデオロギーとは一体どのようなものなのでしょうか?

It’s important to note that the concept of “Antifa” has existed at various points in history. In Germany in the 1930s, in the UK in the 1980s and 90s, and in Europe and North America from the 1990s onwards, just to name a few. There are common elements to these different iterations of Antifa, but for this video we’ll be focusing on the modern-day version in America, and its would-be imitators in Japan.
「アンチファ」という概念は、過去の歴史の様々な時点で繰り返し存在(ループ)していたことに気付くことが重要です。1930年代のドイツに、また1980年代と90年代のイギリスに、そして1990年代からのヨーロッパやアメリカに、アンチファの各歴史的なループ(繰り返し)の間に共通点がありますが、この動画では21世紀初頭現在のアメリカにおける(そしてここ日本でも模倣される)ループに着目していきたいと思います。

Fundamentally, there are two main elements to modern-day Antifa’s ideology. The use of coercive violence, and revolutionary Communism or at least Socialism.
基本的に、現在におけるアンチファのイデオロギーには2つの要素があります。暴力による強制、そして革命的社会主義です。

Antifa uses coercive violence, or threats of violence, to terrorize critics and ideological opponents into silence. Antifa justifies this policy by claiming that their targets are fascists and that preventing them from having a platform to speak on, even peacefully, prevents them from gaining influence in society.
アンチファは批判者や政敵に対し脅迫するため暴力による強制、または暴力の脅威を利用します。アンチファによれば、相手はファシストであるということで暴力は正当化されます。ファシストが法的に組織しても影響力を得られるので、阻止する必要があります。

On both points, however, Antifa’s logic doesn’t hold water, and the claim that their targets are “only fascists” is extremely facetious. The reality is, anybody who opposes or criticizes them is conveniently labeled “fascist” in order to preemptively justify the use of violence. Alternatively, when targets are mistakenly attacked, the incident is either quietly ignored by Antifa or the target is retroactively labeled fascist to save face.
しかし、両者の点では、アンチファの論理が通用しません、そして彼らがファシストのみを相手にするという嘘も詭弁にすぎません。実際に、アンチファに反対、または批判する人々は都合よく「ファシスト」という烙印を押されてしまい、彼らへの暴力は正当化されます。傍観者が間違って攻撃されたらアンチファは知らないふりをするか、面子を保つため被害者を遡及的に「ファシスト」と烙印を押します。

This creates a circular logic where any and all violence by Antifa groups becomes automatically justified. “I only attack fascists. I attacked that man, therefore he’s a fascist. If you oppose me or defend that man, you’re a fascist and I can attack you too”.
このように、アンチファの暴力は自己を正当化させる循環論法が成立します。「私はファシストのみを攻撃している。彼を攻撃した。つまり彼はファシストだ。もしあなたが私に反対したら、あるいは彼を庇おうとしたら、あなたもファシストと見做し攻撃する。」

There are numerous incidents of violence by Antifa in America that illustrate this practice, and we’ll outline a few here:
この論法で、彼らが実際に関与した数多くの暴力事件が現実に存在します。ここで幾つか例を挙げたいと思います:

The Berkeley Bike Lock Basher
カリフォルニア州バークレーの自転車錠乱暴者事件

On April 15th, 2017, an Antifa-affiliated man named Eric Clanton participated in counter action against a conservative speaking event on the UC Berkley campus. During the event, he used a bicycle lock as a weapon in multiple unprovoked assaults, seriously injuring three people.
2017年4月15日に、アンチファの一員であるエリック・クラントンはカリフォルニア大学バークレー校で開催された保守派のパネルディスカッションに対するカウンターデモに参加していました。デモの最中、クラントンは自転車駐輪用の錠を凶器にして、いわれのない一連の暴行を働きました。3人に重傷を負わせる結果となりました。

The Portland Flag Incident
ポートランド市の国旗事件

On August 4th, 2018, Paul Welch (a Bernie Sanders supporter) went to a rally carrying an American flag. In spite of the fact that he had nothing to do with the alt-right or fascism, he was attacked by multiple Antifa members leaving him with a bleeding wound and a concussion. Incidentally, Portland is the territory of “Rose City Antifa”, a named and branded Antifa cell mentioned in the Project Veritas leaks we translated for this channel. When reached out for comment, Rose City Antifa did not respond.
2018年8月4日に、ポール・ウェルシュ氏(バーニー・サンダーズ氏の支援者)はアメリカ国旗を持ちながらデモに参加しました。ウェルシュ氏がオルタナ右翼やファシストやらと無関係であるにも関わらず、複数人のアンチファメンバーに襲撃され、頭部に重症を負い入院しました。ちなみに、このチャンネルに翻訳し投稿された「Project Veritas」の動画で述べられたとおりに、ポートランド市は「ローズ・シティ・アンチファ」という団体の支配地域です。ローズ・シティ・アンチファはこの事件に関するコメントを求められましたが応じませんでした。

The Attack on Andy Ngo
アンディー・ニョー暴行事件

In June 2019, journalist Andy Ngo was assaulted by an Antifa mob in Portland as he was documenting their march. In addition to putting Andy in the hospital with injuries, Antifa members also stole film equipment from him after he fled the violence. Prior to the event, Andy had been targeted by threats of violence from Antifa, presumably to discourage him from reporting.
2019年6月に、ジャーナリストのアンディー・ニョー氏はポートランド市のデモを記録する間に、アンチファ暴徒に襲われました。ニョー氏はひどい怪我で入院された上に、撮影機器は暴徒に盗まれました。デモの前に、ニョー氏は様々な脅迫を受けました、おそらくデモの記録を阻止するために。

The “Minds IRL” Event
「Minds IRL」イベント事件

In August 2019, American political commentator and vocal critic of Antifa Tim Pool hosted a speaking event titled “Ending Racism, Violence, and Authoritarianism”. This event included left- and right-leaning speakers, and focused on encouraging conversation between different political groups instead of violence. Both the event and the venues hosting it were targeted by violent threats from Antifa, including a threat to burn the venue down that nearly led to it being canceled.
2019年8月に、アメリカ人の政治評論家そしてアンチファの声高批判者ティム・プール氏は「人種差別、暴力、そして権威主義を終わせる」と名前のパネルディスカッションを開催しました。このイベントは保守側、リベラル側両方の講演者を集め、政治思想的なギャップについて率直な対話を推し進めるために開催されました。イベント開催地はアンチファからの脅迫電話を受けました。とある匿名の人物が電話で放火攻撃を行うと脅迫し、イベントは中止寸前にまで追い込まれました。

The Tucker Carlson House Call
タッカー・カールソン家庭訪問事件

In December 2019, the “Smash Racism DC” Antifa group posted the home address of FOX News anchor Tucker Carlson. Shortly thereafter, a group of Antifa members gathered outside his front door to threaten his family.
2019年12月に、「レイシズムを潰せDC」という名前のアンチファ小団体がFOXニュースキャスターのタッカー・カールソン氏の自宅の住所をTwitterに投稿しました。その後すぐに、アンチファのメンバーがカールソン氏の玄関の前に集まり、大声で彼の家族を脅迫しました。

These are only a few examples, but they adequately demonstrate how Antifa operates. In all them, Antifa uses indiscriminate violence, or threats of violence, against journalists, critics, and even just random passersby. The idea that their violence is limited to “fascism” is pure propaganda.
これらはわずかな例ですが、十分にアンチファの恐ろしさを象徴しているといっていいでしょう。以上の例が示す通り、アンチファはジャーナリスト、批判者、そして罪のない一般市民への無差別暴力を肯定するだけではなく、実際に行使するのです。アンチファの相手は「ファシストのみ」という戯言は明らかに欺瞞であり、全くデタラメのプロパガンダにすぎないのです。

Several mainstream media outlets in America, most of them overtly partisan, run cover for Antifa by framing their events as “protests” and blaming the violence on other groups. Other Antifa-supporting individuals will claim the violence is done by infiltrators and provocateurs.
マスコミの党派心の部分はアンチファを庇うため、彼らの暴動を「抗議」と称し、暴力を他の団体のせいにしています。他のアンチファ支援者は工作員のせいにします。

But among Antifa, there’s a popular saying… “respect the diversity of tactics”. In other words, even Antifa members who don’t personally participate in violence will provide support and cover for those who do. Nonviolent groups and protestors who “respect the diversity of tactics” assist more militant Antifa members by shielding them from police, and selectively framing responses to Antifa violence as an attack on the protest event itself.
でもアンチファの中に、よく知られていることわざがあります。「戦術の多様性まさにこれを重んじよ」。つまり、たとえ暴力に参加しないアンチファのメンバーだったとしても、彼らは過激派アンチファをサポートし、庇うのです。戦術の多様性を重視するメンバー、他の過激派メンバーを警察から守ったり、アンチファ暴力の相手が自己防衛的のための反応を選択的に切り取りに「デモに対する理不尽な暴力」とミスリードさせます。

Many will also participate in what they call “Black Bloc tactics”, where people dress up in matching black outfits and masks, to make it harder to identify individuals who participate in violence, letting them vanish into the crowd.
多くの場合に、いわゆる「黒山の人だかり(ブラック・ブロック)戦術」も利用されます。デモの参加者は全員、お互いに同じように見えるように真っ黒の服、マスク、そしてサングラスを着ます。こうやって、暴力を振るうアンチファはそれぞれ個人同士の識別が困難で特定されにくくなり、人混みの中に溶け込めます。

The use of violence aside, there’s also Antifa’s overt support for revolutionary Communism or Socialism. While I’m personally not a fan of either Communism or Socialism, it’s the “revolutionary” part that’s the bigger problem. Antifa like to advertise themselves as “Resistance fighters”, saviours out to stop the rise of fascism.
暴力の問題だけではなく、アンチファの革命的社会主義への支持もあります。個人的に社会主義は好きではありませんが、「革命的」の部分の方が問題となります。アンチファは自らを「抵抗勢力の兵士」であると押し通し、ファシズムの台頭から世界を救うヒーローであると騙ります。

What many people fail to realize is that Antifa’s ideology views any government, particularly capitalist governments, as enemies that need to be completely overthrown. Few of them are happy to talk about the chaos, death, and destruction that will result from the process of doing so.
さて、多くの人々が理解してない点は、アンチファによればすべての政府、特に資本主義国家の政府、は転覆させるべき敵と見做していることです。アンチファのメンバーの中に、革命の過程が生じる混乱や苦しみについて率直に話したい人は少ないでしょう。

In the wake of George Floyd’s widely publicized death in police custody, various groups including Black Lives Matter and Antifa took advantage of public anger to launch a campaign of destruction that would result in countless more victims than police violence could ever hope to create. While the tearing down of statues across America was a symbolic image that resonated with many, it was the wanton destruction of homes, business, and neighborhoods that showcased just how bloody and painful Antifa’s revolution would be for the average person in the street. Antifa, of course, has no time to talk about the little people crushed under the wheels of their glorious revolution.
議論の的にもなった例の警察によるジョージ・フロイド拘束時死亡事件を皮切りに、数多くの集団(ブラック・ライヴズ・マターとアンチファも含めて)が大衆の怒りをうまく利用し、アメリカの街にすさまじい破壊行為を行いました。それにより警察の暴力とは比べ物にならないほどの犠牲者を生んでしまいました。引き倒された彫像は大衆の心に響く分かりやすい象徴かもしれません。しかし、アンチファの革命に伴う、人々の血および住居、職場、そして近隣地域そのものに対する破壊は、一般市民が負担するの実際の損害を示します。もちろん、アンチファは自分の輝かしい革命が生み出す被害者について語る暇がありません。

Even fewer members of Antifa are happy to talk about their plans for after the revolution succeeds. Some naively believe that Antifa’s goal is to create a more humane society for everybody by toppling the pyramid of power run by the elites.
さらに、革命後の計画について語りたがるアンチファを見つけることはより難しいでしょう。世間知らずな人はアンチファの目的はエリートが築いたピラミッド社会を打倒し、より良い世界を作ることだと信じています。

In reality, Antifa’s goal is only to displace the elites, not to abolish the pyramid. Once existing power structures are toppled, Antifa and their backers will fill the vacuum, creating a new power structure with themselves at the top. What would such a society look like? For a sample, one need look no further than Seattle’s “Capitol Hill Autonomous Zone” or “the CHAZ”.
しかし、アンチファの本当の目的はエリートのピラミッド社会の全廃ではありません。もし現在の権力構造が倒された暁には、アンチファ(とその支持者)は新たな権力の座に自分たちが取って代わることで権力の空白を埋めるでしょう。新たな社会では、アンチファがもちろんピラミッドの頂点の側になります。そのような社会は、皆さんの目からどういう風に映るのでしょうか?見本として、シアトル市の「キャピトルヒル自治区(別名”CHAZ”)」を見ましょう。

On June 8th 2020, the CHAZ was established when Antifa and other far-left rioters drove the police out of the Capitol Hill neighborhood of Seattle, Washington and took over the police station. Following this, they built a set of big beautiful walls to keep foreign invaders out and handed out guns to loyalists to “keep the peace”. The results were very predictable.
2020年6月8日に、アンチファと他の極左暴徒が警察をワシントン州シアトルのキャピトルヒル地区から追い払った後、CHAZは樹立されました。そのすぐ後に、自治区の外から来る人から防衛するために壁を作り、体制支持者に銃を支給しました。しかし、やはり予測通りの結果を生み出しました。

In the space of a month, the CHAZ saw five shootings, two of them fatal, alongside other violence and abusive behaviour by CHAZ’s self-appointed militia. Antifa may have told everybody that they were protesting against fascism and police brutality, but as soon as they had control of even a small amount of territory, they immediately transformed it into a violent police state with themselves in charge. Expect more of the same if they ever succeed on a wider scale.
1カ月の間に、CHAZで5つの銃乱射事件が発生し、2人の死亡を含め、自称CHAZ市民軍による権力の乱用もかなりありました。アンチファはファシズムや警官の権力乱用に抗議すると言ってたにも関わらず、わずかな地域でも支配し始めたらすぐに暴力的警察国家にしてしまったようです。アンチファの革命が広範な規模で成功に終わったら、同様のことがさらに続くでしょう。

To be completely fair, it’s possible that some Antifa members want to oppose fascism but also oppose violence…and don’t “respect the diversity of tactics”. It’s also possible that naive or ignorant people participate in Antifa without fully understanding them. Again, I can point to myself as an example. To those people, our only advice is this. Look at the examples we’ve provided, look at the people around you, and ask yourself whether you want to be associated with a brand so deeply tied to violence and authoritarianism.
公平を期すために述べますが、非暴力の取り組みで(そして戦術の多様性を尊敬せずに)ファシズムに反対したいアンチファ小団体が存在しないと断定的に言えなくもないでしょう。その上、アンチファの本音を知らない世間知らずな人も無意識に参加している方も多いでしょう。私のケースもそうでした。こういう人達に対し、次のようなアドバイスがあります。この動画で述べた例を見て,まわりの人に注意して、そしてここまで暴力と権威主義と深く結び付いているアンチファというブランドと付き合いたいかどうか熟考を重ねて下さい。

Back in 2008, Anonymous was started as a legal, peaceful, and largely fun set of protests against the Cult of Scientology. It later broadened into a global movement for freedom of expression online. But following Operation AntiSec in 2011, it began to morph into something else. Soon, groups of self-proclaimed hacktivists began to indiscriminately hack and threaten targets at random. Many lied and made up stories to justify their actions.
話を遡ること2008年、我々アノニマスはカルトであるサイエントロジーに法的、平和的に(そして遊び心を持ち)抗議するために集まりました。その後、世界的な表現の自由を擁護するムーブメントに広げました。でも2011年の「AntiSec」ムーブメントの後、何か違うものに変形しました。自称「ハクティビスト」が無差別にハッキングし、脅迫していました。多くのハッカーチームが攻撃を正当化するために平気に嘘をつきました。

Around that time, we in Japan made a clean break from those other groups and their movement. We declared our adherence to legal, peaceful activities. We stood for the principle that creating victims and violating the rights of individuals is never justifiable. And we dedicated ourselves to creating tools and helping people communicate, instead of attacking and destroying.
その時から、我々日本のアノニマス参加者はその人達とはきっぱりと袂を分かちました。法的、平和的活動することへの献身を表明しました。被害者を生むこと、人の権利を侵害することはけして正当化できないという原則を表しました。そして攻撃や破壊の方針を拒否し、使い物になるツールを作成して自由にコミュニケーションを取れるよう手助けすることに専念しました。

Those who want to oppose fascism without creating victims, we invite you to break from Antifa, rebrand, and join us in condemning all forms of violence and authoritarianism by all groups, left or right.
閑話休題、暴力による被害者を生まずファシズムに反対したい方へ。アンチファとは完全に手を切り、新たなグループを結成しましょう。そして右翼であれ左翼であれ、全ての過激派による暴力行為を我々と共に非難するよう要請します。

And to all our viewers in Japan, remember this. The right to protest legally and peacefully is guaranteed in the Constitution, and should always be respected. But if you ever see these symbols in the ranks of the protestors, understand that it stands for violence and authoritarianism. It exists to exploit legal protests as cover for its campaign of terror.
最後に、日本の視聴者の皆さん。次に言うことをよく覚えていただきたい。合法的、平和的に抗議する権利は憲法によって保証されており、大切にされるべきです。しかしデモの中にこの旗印を発見したら、暴力と権威主義を象徴していることをご理解願いたい。この旗印の担い手達は、合法的な抗議を装いそのイメージを巧みに利用してはいますが、奴らの真の正体は恐怖政治を肯定し、擁護するための存在にすぎないのです。

If you’re a member of a protest and you see Antifa symbols, speak to your organizers about expelling them. If they refuse to expel Antifa, you may want to remove yourself from the protest completely. No matter what our politics may be, authoritarianism should always be our common enemy. Whether it comes in the form of State police violence or Antifa’s revolutionary violence, we can…and should…take a stand against it.
もし、デモに参加した際にアンチファの旗印が目に入ったら、彼らを追放するよう主催者に働きかけましょう。仮に主催者がアンチファの追放を拒否した場合、そのデモから離脱した方がよろしいでしょう。どんな政治信念であろうと、権威主義は自由における共通の敵です。警察権力の乱用であれ、アンチファ過激派の暴力であれ、これら権威主義に対しては共に断固反対の意を示さなければなりません。

This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time, MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep 18.5:香川ゲーム条例アップデート

Hello everybody. It’s rare for us to do a follow-up on a previous Anonymous no Kenkai, but in the time since we released our last video on the Kagawa Game Ordinance, some very interesting news has come out that needs to be shared. If you haven’t watched Episode 18 yet, you might want to pause this video and go watch that for the background information to understand what’s going on. But otherwise, let’s begin.
皆さん、こんにちは。前回の「アノニマスの見解」動画トピックの続報を出すのは稀ですが、香川ゲーム条例に関する動画を投稿してから、さらに様々な興味深い事実が明るみに出ており、それらについて皆さんと共有すべきであると我々は考えております。まだ未見の方は先に「アノニマスの見解」第18話を見るようお勧めします。この動画の話を理解するのに必要な情報が含まれております。それでは、始めましょう。

First, on April 16th, the Kagawa Prefectural Government website published an incident report about the loss of a shared computer in their offices. According to the incident report, a staff member reported the computer as missing after checking the equipment on March 17th. Although they searched for it and interviewed staff, they were unable to find it. The cause of the loss was listed as poor management, and the office decided to store shared computers in a locked cabinet in future. Why expensive equipment wasn’t already secured this way remains an unsolved mystery.
まず、4月16日に香川県ウェブサイトに、県庁事務所から共有PCの紛失に投稿されました。報告書によれば、3月17日に職員から、備品の照合検査を行った結果、共有PC1台が見当たらないとの報告がありました。当該PCを使用していた職員に聞き取りは行われて、捜索も行われましたが、紛失PCは見つかりませんでした。原因は不十分な管理と判断されて、共有PCはそれから鍵のついたキャビネット内に保管するようになりました。このような高額機器がすでに厳重に保管されなかった理由はいまだ謎のままです。

This incident doesn’t seem related or particularly important at first glance, but please remember that Kagawa’s Game Ordinance was approved on March 18th…one day after this computer went missing. This will be important later in the story.
一見すると、この出来事はゲーム条例と無関係に見えるかもしれません。しかしその条例は3月18日(つまり、共有パソコンは紛失した翌日)に承認されたことを、どうかよく覚えておいて下さい。後に今回の件において重要な情報になります。

Second, on April 13th, local news network “KSB” published a report based on a Freedom of Information request into the Game Ordinance’s Public Comment period. What they found was that of the 2269 supporting comments, many of them were exactly the same, right down to the use of spaces and line breaks. Most were simply one-line answers such as “I agree” or “I agree with the expectation of a bright future with the passage of the ordinance”. The bulk of these identical comments arrived within minutes of each other, one after the other.
次に、4月13日に地方ニュース「瀬戸内海放送(KSB)」は、ゲーム条例のパブリックコメント制度に対する情報公開請求に基づく記事を発表しました。その記事によれば、2269件の賛成意見の中に、文面や改行のスペースまで含めて固定の書式(雛形、テンプレート)に従うコメントが何回も書かれていました。例えば、『条例通過により明るい未来を期待して賛成します』、『賛同します』といったほぼ同じ文言の1行だけの文章が多くありました。多くの場合、こういうコメントは次々と、1分の間隔で届きました。

The Kagawa Prefectural Office redacted the personal information of commenters, of course, to protect private information. But some of the information they left unredacted led to an even more interesting discovery.
香川県庁はもちろんコメントから個人情報は黒く塗りつぶしましたが、塗りつぶしを免れた箇所の情報から、さらに興味深い事実が発覚しました。

Starting at 8:47am on January 31st and continuing on until 5:25pm on February 5th, the Prefectural Office received a series of one-line public comments supporting the Ordinance through the contact form on their website. Left unredacted was the header information from each submission, including the useragent string and IP address. Dozens of these messages had identical useragents, and all of them seemed to come from the same IP address…192.168.7.21. For anybody familiar with networks, this is obviously an internal address. In other words, they couldn’t come from the outside internet. They had to come from a device connected to the same internal network as the Prefectural Office’s webserver, which should only be accessible to Prefectural Office staff.
1月31日8時47分から2月5日17時25分まで続いて、香川県ウェブサイトの問い合わせフォームに多くの「1行だけ」の賛成意見は届きました。個人情報は黒く塗りつぶさましたが、通信した端末のユーザーエージェントそしてIPアドレスを含めるヘッダー情報は塗りつぶしを免れました。多数の通信は全く同じユーザーエージェントを使っており、全ての通信は同じIPアドレスから発信されました。「192.168.7.21」。ネットワーク技術に詳しい方ならすでにお分かりのことでしょうが、これは明らかに内部IPアドレスです。つまり、外部のネットワークから来るはずがない。県職員のみがアクセスできる県庁のウェブサーバーと同じ内部ネットワークと繋がった端末から発信されたとしか考えられません。

It’s incredibly interesting that a shared computer in that same office would vanish just one day before the Prefecture voted to pass the Game Ordinance. It’s even more interesting that members of the Review Committee would urge a quick vote due to the overwhelming number of supporting comments.
ゲーム条例が承認された前日に、この県庁事務所から共有PCが紛失されたことについて、非常に興味深いと皆さんはさぞお思いのことでしょう。さらに興味深いのは、議会の条例検討委員会で「(パブリックコメントから)賛成も多いので早急に採決すべし」と促す声があり、20分で審議は打ち切られたことです。

But the even with the stink of corruption hanging so heavily in the air around the Kagawa Prefectural Government, there’s little that can be done now that the Ordinance has passed. It would take a legal challenge in court to stop the Ordinance at this point, ideally on constitutional grounds.
しかしながら、香川の県行政から腐敗の臭いが空気中に凄まじく漂っているのにもかかわらず、ゲーム条例は承認されました。この結果からも私たちは何と無力なのでしょう。とはいえ、現在のところ、法的な異議申し立て(理想的にいえば憲法上の理由で)でしか状況を変える手立てがありません。

Well, good news…
それに関して言えば、嬉しいグッドニュースがあります。

Just this month, a 17-year old boy in Kagawa Prefecture known only as “Wataru” announced plans to take Kagawa Prefecture to court over the unconstitutionality of and the human rights violations within the Game Ordinance. Namely, that it violates Article 94, the right to self-determination, among a half-dozen other constitutional violations. “Wataru” has retained the services of a well-known lawyer, and plans to crowdfund his legal fees. We’ll provide more information about the crowdfunding campaign as it becomes available.
丁度今月になって、香川県の高校3年生、渉さん(17)が「条例は憲法違反であり、基本的人権を侵害された」として、県を相手取って国家賠償請求訴訟を起こす準備をしていることが発表されました。いくつかある侵害の中で、特に憲法94条(自己決定権)に反すると彼は主張しています。渉さんは知名度の高い弁護士の手を借り、そして弁護料のためのクラウドファンディング・キャンペーンを開始することも分かりました。そのクラウドファンディング・キャンペーンに関する新しい情報が入り次第更新されます。

We hope everybody viewing this can support Wataru’s case, either through crowdfunding or just by spreading the word. The Kagawa Game Ordinance needs to be struck down, and an opportunity like this for the Gamers of Japan, and the world, to Rise Up may never come again. Everybody, let’s make the most of it.
今、まさにこの動画を見ている皆さん、つまり画面の前の「あなた」がクラウドファンディングに参加、またはこのムーブメントについて広く伝えることで、渉さんサポートしてくださるよう心からお願い致します。香川ゲーム条例は廃止されるべきです。そして、多くはゲーマーでもあるネットユーザーの皆さんは、このような立ち上がる『チャンス』は二度と与えられることがないことを心に留めておいてくださいませ。皆さん、『チャンス』を有意義に活用しましょう。

アノニマスの見解 Ep.18:香川県の静止する日

Hello everybody, and welcome back to Anonymous no Kenkai.
皆さん、こんにちは。アノニマスの見解にようこそ。

Sadly, 2020 has turned out to be a more difficult year than anybody expected. We hope all of you are safe and taking care of yourselves out there.
残念ながら、今年はいささか辛い年始めとなってしまいましたね。皆さんのご健康を祈ります。

The Coronavirus has been dominating the headlines for weeks, and while it’s certainly newsworthy, it’s also made it easy for several other stories to get lost in the shuffle, one of which we’d like to address today.
最近、何週間も新型コロナウイルスが主な見出しを占めています。確かに報道価値のある状況ですけれども、おかげで他の注目すべき出来事が影に隠れてしまっています。実は今回、その影の出来事の1つに注目したいと思います。

In late 2019, the Kagawa Prefectural government proposed creating a bylaw which would set legal limits on the amount of time minors could spend playing video games. Under this proposal, children under 18 would be allowed to use their smartphones and play games for only one hour per day on weekdays, and 90 minutes on weekends. Additionally, Junior High School students will be forbidden from using their smartphones or playing games after 9pm, while High School students will have a curfew of 10pm.
昨年末に、香川県議会は未成年に関するゲームやスマホの使用に法的時間制限を提案しているところでした。この条例案によれば、18歳未満の人は平日にスマホやゲームの使用が60分に、そして週末に90分に限られていました。その上、中学生の場合は21時後に、高校生の場合は22時迄にスマホやゲームの使用は禁じられていました。

We mentioned this briefly in our last video, and unfortunately in the time since then, the proposal has become law. On March 18th, the Kagawa Prefectural Assembly approved the proposal with a majority vote, to go into effect starting April 1st. Currently, the bylaw lacks any penalties for noncompliance, instead requesting that parents enforce it voluntarily.
前回の動画で簡潔に述べましたが、残念ながらその後、その条例は可決されてしまいました。3月18日に、香川県議会は多数決で香川ゲーム条例を可決し、4月1日から施行されました。現在、条例には刑罰がありませんが、両親は自発的に実施することを求められています。

Of course, the global COVID-19 outbreak drowned out most news on the topic, but there was still a strong reaction online in Japan, and to a lesser degree in the media. While there were numerous criticisms of the bylaw itself, more worrying were a series of suspicious irregularities surrounding the bylaw’s review committee and public comment period.
もちろん、報道ではゲーム条例関連のニュースがコロナウイルスのニュースですっかり霞んでしまいましたが、それでも、日本のネットユーザーから、そして一部のデジタルメディアからも、反響を引き起こしました。条例そのものに対する批判も十分ありましたが、しかしより気掛かりだったのは条例の検討委員会またはそのパブコメに関する不審な活動でした。

Firstly, the review committee drafting the bylaw apparently didn’t keep any record of the minutes of their meetings… an unusual oversight, given this is stardard practice for almost any governmental committee.
まず、検討委員会は何故か議事録の記載の保持を怠りました。このような委員会での慣例からかなり異例のことですよね…

Secondly, during the public comment period, an unusually high number of comments came in; 2615 in total.
次に、募ったパブリックコメントに2615件の意見が寄せられました…意外と多いと思われます。

And in addition to being unusually high, a disproportionate number of the comments supported the bill… 2269 in total, over 85%. Only 334 comments opposed the bylaw. In contrast, among the 71 comments solicited from businesses inside and outside Kagawa Prefecture, 67 were opposed, with zero comments in support. Put together, all of these numbers cast doubts on the entire public comment process.
意外と多すぎる上に、不釣り合いなほど多くの意見は条例を賛成しました…2269件、つまり85%以上でした。反対意見はただ334件でした。全く対照的に、県内外の事業者からも意見を募っており、寄せられた71件のうち、反対が67件も占めました。賛成はゼロでした。全てこのデータを考え合わせれば、パブリックコメントの過程には疑いが掛けられています。

It didn’t take long for those doubts to feel justified. Reports surfaced online that a member of Kanagawa’s Kannonji City municipal government, an associate of the Review Committee Chairman and supporter of the bylaw, handed out forms to his friends and colleagues, asking them to check “support” or “oppose” boxes before filling out their opinions. The Representative reportedly collected these papers and delivered them to the Prefectural government himself. The entire process not only unfairly narrowed the matter down to a simple yes/no vote, it also implied pressure to agree with the City Representative handing out the paper. In fact, one paper showed signs of an “oppose” vote being crossed out and changed to “support”.
その後間もなく、パブリックコメントに対する疑いが正当化されていたようでした。香川県の観音寺市議会の議員(検討委員会委員長の知り合い、そして条例の賛成者)が自分で「賛成・反対の有無」「ご意見及びその理由」などと書いた紙を作って、知人や後援会のメンバーらに配布したという疑惑が浮上していました。50枚がその議員によって集まれて、まとめられて県議会事務局に送られました。ニュアンスを付加した意見を単純な賛否投票に変える上に、紙を配った議員と同意する圧力も暗示します。しかも1つの紙に、反対意見はねじ込められて賛成に書き直された兆候を示します。

Even more concerning was a letter received by the digital news outlet Netorabo, published on their Twitter account. In the letter, an employee from a company in Kagawa Prefecture claimed their boss asked to use the names of employees to send pre-written public comments in support of the bylaw. The authenticity of the letter remains unconfirmed, but if true it would explain the unusually high number of comments received.
さらに不吉なことは、デジタルメディアサイト「ねとらぼ」に届かれたある手紙です。彼らのTwitterアカウントにも表示される手紙によれば、香川県の不特定の会社の社員が条例に賛成のパブリックコメントに名前や住所を記入するよう上司に頼まれた。手紙の真正性は確認されていませんが、本当の話ならパブリックコメントの驚くほどたくさんの意見を説明可能になるかもしれない。

Considering all of the above information, it certainly seems as though some people in Kagawa Prefecture were very eager to have this bylaw passed by any means necessary. But the question remains, why? What is it about video games that has Kagawa Prefecture’s politicians so worried?
以上の情報を考えると、香川県の一部の人達にとってゲーム条例の成立は非常に大切だったように見えます。しかし彼らがなぜゲームにそこまで心配するのかという疑問を提起します。

The answer to that question comes with a name… Susumu Higuchi, Director of the government-run Kurihama Addiction Center. Doctor Higuchi’s main area of research is treating alcoholism, but he’s branched out so-called “gaming addiction” as well. Higuchi is a frequent collaborator with the World Health Organization, and was one of the voices supporting their decision in May 2019 to add “gaming disorder” to their International Classification of Diseases. Doctor Higuchi’s opinions on this so-called “gaming disorder” come up frequently among supporters of Kagawa’s bylaw, and it’s fair to say that his research is the foundation upon which it was built.
疑問への答えはとある人物の名前という形でもたらされます…国営の久里浜医療中毒回復センターの院長である樋口進先生です。樋口先生の主な焦点はアルコール中毒ですが、多角化していわゆる「ゲーム症」にも進出していました。世界保健機関(WHO)との研究協力者として、去年5月の「ゲーム症」を国際疾病分類(ICD)に追加する判断の支援者でした。樋口先生の「ゲーム症」に関する研究は度々ゲーム条例の賛成者に引用されるので、その研究は条例の基礎となったと言ってもいいでしょう。

Interestingly, the WHO’s connection to this matter has some sinister implications, given how blatantly supportive of China they’ve been lately. As we noted in our last video, Kagawa’s bylaw is almost a carbon copy of a similar law passed in China last year. Seeing China, the WHO, and the Kagawa Prefectural government walk in lockstep in this matter is worrying, even if there’s not necessarily reason to believe they’re overtly coordinating at this time. But even putting the WHO and China aside, there’s more than enough to criticize in Kagawa’s bylaw itself.
興味深いことに、最近の中国贔屓(びいき)の立場を考えると、この件についてWHOの繋がりには気掛かりな「暗示」があります。前回の動画で述べた通りに、香川のゲーム条例は中国のゲーム法に驚くほど似ています。必ずしもお互いに協力しないと考えても、中国、WHO、そして香川県議会がこんなに足並みをそろえて移動するなんて懸念をもたらすべきだ、と我々は考えています。しかしWHOや中国をおいといて、ゲーム条例そのものに対する批判すべきことが十分あります。

For one, there isn’t broad agreement in the medical community that “gaming disorder” is even real, and the research on it is far from conclusive. In 2019, critics of the decision to add “gaming disorder” to the ICD cited fears that doing so would only spark a moral panic. If we look to Kagawa as an example, that criticism seems very valid.
まずは、「ゲーム症」というものが本当に存在するかどうか、医学的な統一見解がありません。そしてその研究は決定的というには程遠い。「ゲーム症」をICDに追加する判断の批判者はモラルパニックをもたらす恐れを持ち出しました。香川県の条例を見ると、その恐れは無理もなかったように見えますね。

But beyond that, the bylaw represents an unwelcome intrusion by government into the private lives of citizens. Does the Kagawa Prefectural government believe parents aren’t capable of making their own decisions without government instruction? If the bylaw has no penalties, and parents are expected to enforce it voluntarily, why should the bylaw even exist? Why should legal activities have arbitrary time limits set by the government?
しかしそれより、この条例は地方政府による市民の私生活への介入を示します。政府の介入を要するほど、香川県議会は市民の育児能力への信用がそんなに低いのでしょうか?どうせ条例には刑罰がなく、両親は自発的に実施する必要があれば、そもそも条例など不必要ではないのでは?他の点では合法的行為に対し政府が制限時間を定める権利があるのでしょうか?

Will penalties be added to the bylaw in the future? This could create an opening for even more authoritarian government overreach into the private lives of citizens. And with Kagawa setting this precedent, other Prefectures may find it easier to create similar laws of their own.
今後、条例には刑罰が追加されるのでしょうか?これがきっかけで、さらなる権威主義的な統治機構が出現し、市民の私生活への過剰な干渉をもたらすではないでしょうか?そして香川県がこの前例を作ってしまったおかげで、他の県議会が同じような条例を作りやすくなってしまうのではないでしょうか?

Will software or hardware makers be asked to modify games or smartphones to comply with the bylaw? The ability to track users by age and usage time would create more opportunities to expand the surveillance state.
ソフトウェアやハードウェア開発者は条例に従うために、これから技術を修正する必要性に差し迫られるのでしょうか?ユーザーの年齢や利用履歴を収集できる機能は、さらに確実に監視社会を拡大することでしょう。

Lastly, why is this bylaw so narrowly focused on games and smartphones? If children watch TV or read comics, is this more acceptable than doing the exact same activity on a phone? If so, why?
最後に、何故この条例はゲームやスマホだけに焦点を絞るのでしょうか?未成年がゲームやスマホの代わりにテレビを見たり読書をしてもOKなのですか?何故でしょうか?

It is interesting to note how this law only seems to target new and alternative media…favoring established legacy businesses like TV stations and book publishers over their online rivals. In an era where young people in Japan are favoring YouTubers over TV stars, and independent creators over corporate mouthpieces, is this bylaw an attempt to prop up legacy media companies?
興味深いことに、この条例は新しい、「オルタナティブ・メディア」だけを狙っているように見えます。オンラインのライバルより、テレビ放送局または書籍出版社という旧来のメディアを依怙贔屓(えこひいき)しているように見えます。未成年がタレントよりユーチューバーを、企業より独立クリエイターを好む時代に、この守旧的な条例は旧来メディアを守るために成立されたのでしょうか?

The fact is, no matter what motivations are behind this bylaw, it’s a worryingly authoritarian encroachment on the freedom of Kagawa’s citizens. The government has no business mandating how parents are meant to raise their children, and they have no right to place arbitrary limits on otherwise legal activities. This bylaw needs to be challenged in court and overturned as soon as possible, before it becomes the new normal.
実際に、この条例の本当の目的は何であるかとしても、恐るべき香川県市民の私生活への侵害にすぎません。両親の育児方針は政府の関知するところではなく、また合法的行為には政府は制限時間を定める権限がありません。香川県のゲーム条例が人々にとって普通の事として新たに定着する前に、法廷で異議を唱え争われるべきです。

If you’re a resident of Japan, in or out of Kagawa, the best thing you can do is talk about this problem with as many people as possible. If you’re outside Japan, spreading awareness of Kagawa’s draconian new bylaw with others can still help. There are many out there who don’t know about this, or if they do, they don’t fully understand just how authoritarian the Kagawa Prefectural government is being. It may not be the most important thing in the world compared to the Coronavirus, but it still deserves to be talked about. And if ever there was a time for Gamers to Rise Up, it would be now.
この動画を見ているそこのあなた!もし日本にお住まいならば(香川県の内外でも)、どうかできるだけ多くの人々とこの問題について話してみて下さい。海外にお住まいの方でも、まわりの人々に香川県のゲーム条例について教えるだけでも助けになります。まだ、多くの人々が知らされておりません、たとえ知っていたとしても、香川県議会の権威主義を理解しない人々が多いのです。新型コロナウイルスパンデミックと比べると、今世界で最も重要なことではないと皆さんはお考えであるかもしれません。とはいえ、まだ取り扱うべき問題であると我々は考えます。世界中のゲーマーが立ち上がる時があるとしたら、今がまさにその時です。

This was ANONYMOUS NO KENKAI… and until next time, MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.17:資本主義ふりをする中国

Hello everybody, and welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI
皆さん、こんにちは。アノニマスの見解にようこそ。

It’s been far too long since our last episode, but there’s been no shortage of projects to keep us busy, and my English-language Bitchute series, “No One Cares” has been eating up a lot of my time as well. But a topic has finally emerged that needs our attention, because today we’re going to talk about China. More specifically the Communist Party of China, and their foreign policy.
お久しぶりです。前回の動画から随分と長い間が経ってしまいました。プロジェクトが山のようにあるおかげで、いつも忙しくなってしまいます; 特に、英語のBitchuteシリーズ「No One Cares」には多くの時間費やしてしまいました。とはいえ、ついに我々の注目に値する新たなトピックが現れました…「中国」です。具体的に申しますと、「中国共産党」、そして彼らの「外交政策」についてです。

China made headlines several times throughout 2019, for a variety of reasons. Their Social Credit system has earned our attention in previous videos, and earned revulsion and horror from people the world over. China’s behaviour in response to protests in Hong Kong has also earned the world’s attention and criticism, even if more in the independent media than the mainstream.
様々な理由で、中国の行動は2019年に世界中で大きく報道されました。我々の動画にも「中国の社会信用システム」が取り上げられました、もちろん世界中が嫌悪感を抱きました。香港での抗議に対する中国の行動は世界中の注目と批判を浴びています。(主流よりも独立系メディアでより多く批判を受けましたが…)

But it was actions regarding their financial stake in foreign businesses that made the most waves. In October of 2019, two major incidents caught the public’s attention. First, the Chinese government demanded an apology from the NBA when General Manager Daryl Morey of the Houston Rockets tweeted in support of Hong Kong protestors, causing China to cut off broadcast of their games as punishment. Almost within the same week, Activision Blizzard punished E-Sports player Blitzchung after he spoke in support of Hong Kong independence during a Hearthstone tournament livestream.
しかしながら、先程述べた問題よりも中国における対外投資の方が、実際のところ最も注目を引きました。2019年10月に、2つの事件が世間の注目を集めました。ヒューストン・ロケッツのダリル・モーリー・ゼネラルマネジャーが香港デモを応援するようなツイートを投稿しました原因で、中国政府は米NBAに謝罪を要求しました、そして罰としてNBAゲームの放送を停止しました。その週の後になって、ハースストーンの世界大会に、eスポーツプレイヤーBlitzchungは同じく香港デモを支持する声明のせいで、米ゲーム大手のBlizzard Entertainmentからペナルティを受けました。

In both cases, Chinese investment in a foreign company was used as leverage to pressure them into censorship in line with Chinese policy. In essence, China exported its censorship to other countries through its foreign business ties. The phenomenon became public enough that it garnered a response from President Trump, and even an episode of South Park.
両者のケースでは、中国の対外投資を武器に海外諸企業は中国の政策に沿った自己検閲するよう圧力をかけられました。基本的に、ビジネス上の関係を介して中国政府はアメリカへ検閲政策を輸出しました。事態があまりにもあからさまだったため事が大きくなり、トランプ大統領からの批判を招きました、そしてサウスパークのとあるエピソードで、この検閲騒動がネタとして使われました。

Of course, this is hardly new. It’s already common knowledge that Hollywood has been designing its movies to maximize marketability in China for several years. Google briefly planned to design a censored search engine for the Chinese market, before (at least ostensibly) abandoning the plan in 2018 due to internal protests.
もちろん、このような出来事は今に始まったことではありません。ハリウッドにおいて、映画の脚本が何年間にも渡り中国政府の意向及び中国市場の動向に沿って書かれていることは、よく知られています。グーグル社は、中国市場のために検閲機能付きの検索エンジンを用意しようと画策しましたが、2018年に自社社員からの抗議の原因でプロジェクトを打ち切りました(少なくとも表向きは)。

But even considering that, the recent growth of Chinese foreign investment (particularly in the video game industry) has been notable. As of late 2019, the Chinese entertainment giant Tencent has acquired stakes in over a dozen different gaming companies ranging from 5 to 100%, including well known names like Riot, Epic, Ubisoft, Activision, and Discord. Early 2020 even saw Japan’s Platinum Games accept a capital investment from Tencent as the basis of a partnership. While Platinum’s CEO assured fans that the partnership had no effect on the independence of the company, the news nonetheless raised some eyebrows.
とはいえ、これらのことを考慮するとしても、中国の最近の対外投資の拡大(特にゲーム産業に対して)は非常に目立ちます。2019年末期において、中国の娯楽産業の巨大企業Tencentは12社を越える企業に、5%から100%までの株を取得していました。Riot、Epic、Ubisoft、Activision、そしてDiscordなどの大手企業も含まれています。今年初頭、日本のプラチナゲームズ株式会社はTencentから資本投資も受けました。プラチナゲームズの独立性に影響をもたらさないという社長からの発表にもかかわらず、そのニュースは多くのゲームファンの不安をかき立てました。

And with good reason. Chinese investment in the gaming sphere has come with several strings attached in the past. Tencent’s 5% stake in Ubisoft, for example, came in exchange for being a silent partner with no option to expand its voting rights. But in Novermber of 2018, Ubisoft tried to change the visual elements of its game Rainbow Six Seige globally in line with Chinese standards. This was quickly reversed after fan backlash, but regardless Tencent’s lack of voting rights in the company didn’t seem to have any effect on its ability to dictate changes.
そして、不安を感じる理由は十分にあります。これまでに、ゲーム産業における中国から条件付き投資の例は数あります。例えば、TencentがUbisoftの5%の株を取得した時、Tencentを経営における議決権の一票として数えない、従って経営方針に口出ししない「サイレント・パートナー」として投資することを条件として株主として認められました。それにもかかわらず、2018年11月にUbisoftは「レインボーシックス シージ」というゲームのビジュアルをグローバルに中国の政策にかなうように変更しようとしました。ファンからの反発のおかげで決定は撤回されましたが、Tencentはサイレント・パートナーであるにもかかわらず、それでもUbisoftの決定を左右できるに見えます。

In July of 2019, Taiwanese game maker Red Candle was forced to pull their latest game offline after the Chinese government revoked the business license of their Chinese distributor. The reason? The game featured an image of a Winnie the Pooh meme mocking President Xi Jinping.
2019年7月に、中国政府は中国国内のとある流通業者の事業免許を取り消した後、台湾のゲームスタジオRed Candleの最新ゲームの発売を完全に停止しました。その原因は、習近平国家主席を「クマのプーさん」に見立て嘲笑うといった内容のミームがゲームの中に仕込まれていたことです。

But why does any of this matter? Well, game fans certainly don’t want to see their favorite games censored by China. But even people who’ve never played a video game have reason to be worried.
それにしても、なぜこの件が重要なのでしょうか?もちろん、ゲームファンは贔屓のゲームを中国によって検閲されるところを見たくはないでしょう。しかしながら、この件に関してはゲームファンはもちろん、ゲームを一回もプレイしたことがない方でさえ心配すべき十分な理由があるのです。

In 1978, China’s economic reform was hailed as a first step in making the country more free. The theory was that economic incentives would encourage the government to allow greater liberty for all. The degree to which this has been successful is open to debate, but it all hinges on the assumption that China’s motives for participating would be just to make more money.
1978年に、中国の改革開放はさらなる自由化における最初の第一歩として歓迎されました。一般的見解は、経済的誘因は政府が市民に自由を与えるよう促すことでした。成功の度合いについては議論の余地のある問題ですが、中国が参加する理由は経済的利益を得るためであるという前提にかかっています。

But what if that wasn’t the main reason? Money, after all, is just an abstraction for access to resources. Control over resources equals power. And if there’s one thing an authoritarian government wants a monopoly on, it’s power. I would argue China’s real motive for participating in the global economy was more about exerting power over others; make as much money as possible through State controlled companies, and then invest that money in foreign businesses, or attract them into the country. Afterwards, the threat of withdrawing those resources can be used to manipulate those companies into toeing the Chinese line.
とはいえ、中国の《真意》とは一体何なのでしょうか? マネー(お金)は基本的に資源へのアクセスの抽象的目安にしか過ぎません。資源の支配権こそが権力への鍵なのです。そしてまた、独裁政権は飽くなき権力の独占を渇望するものです。世界経済に参加する中国の真の動機は、「他の国にも中国内の権力を及ばせる」ことであると考えられます。国営企業を利用しできる限り利益を得て、さらに対外の企業に投資することで、中国市場に惹きつけます。そして、その時に「投資の撤退」という選択肢が、対外企業を中国政府の方針に従わせるのです。

And if we use Hollywood and the gaming industry as an example, it’s obviously working. Large companies often cite the need to access the Chinese market to ensure future growth. And for small game studios, employees speaking off the record have admitted that access to the Chinese market can be the difference between staying afloat or going under.
例えば、ハリウッドとゲーム産業が良い例です。そして、それはかなりの効果を発揮しているように見えます。大企業は組織の成長を確実にするために、しきりと中国市場への参入の重要性を説きます。また消息筋によれば、中国市場が事実上、全世界の売上の成否を分ける分水嶺となってしまっているという忌まわしい事実を、某零細ゲームスタジオの従業員も(オフレコのインタビュー)で暗に認めています。

Some would argue that this isn’t exclusive to China… and they’d be right. Any nation with enough market power can play the same trick, and some have. And no matter who’s doing this, it’s a problem. It uses the economy as a weapon to subvert the free will and agency of individuals, and left unchecked it also undermines the sovereignty of nations. Japan is already starting to imitate Chinese Social Credit with things like Line Score and J-Score, and the recent move by Kagawa Prefecture to set legal time limits on playing video games sounds uncomfortably similar to a Chinese law passed just last year. And the last thing any country needs to do is be more like China.
何も中国に限った問題ではないという反論もあります。正にその通りです。十分に市場を支配できるマーケット・パワーさえあれば、どのような国でも同様のことができます。実際にこれまでにも同じような先例があります。とはいえ、たとえ、どのような国が加害者であったとしても、これは由々しき問題です。個人の自由意志がねじ伏せられますし、吟味がなされないままでは国家主権が損なわれてしまうでしょう。日本はもう既に、「LINEスコア」や「Jスコア」で中国の社会信用システムを《模倣》しているのです。というのも、昨今の香川県におけるゲーム規制条例は、去年可決されたとある中国の法律に驚くほどよく似ています。間違いありません!中国と似たような行動は絶対に避けなければなりません!!

So what can we do about it? There are no easy answers, of course, but there are a few things we can at least keep in mind. As individuals, we can withdraw our financial support from companies that bend the knee to China, and give our support to companies that resist. On the national level, countries should keep their sovereignty and independence in mind when crafting trade policy. The United States, for example, has been criticized for engaging in a trade war with China… but the fact is, US trade restrictions can actually help smaller nations wean themselves off dependence on the Chinese economy. Japan in particular would do well to use this opportunity to shift away from China and cooperate with other nations in the region instead.
では、どのようにすれば良いのでしょうか?確かに安直な答えなどありませんが、いくつか覚えておくべきことがあります。一個人として、私たちは中国の検閲と協力する企業への(商品購入という名の)財政支援を止めて、検閲を拒否する企業へ支援先をチェンジすることができます。国家レベルにおいては通商政策を発案する際、主権と独立性が適切に保障されているか吟味することができます。近頃アメリカは、中国との貿易戦争で批判されていますが、実際にアジア近隣諸国はこの機に乗じて、中国への依存度を軽減させることもできます。特に日本は中国から距離を置き、他のアジア諸国との絆を深めるべきです。

Companies caught in this conflict have an ever harder decision to make. Money is the lifeblood of a business, and few would voluntarily choose to make less of it. But chasing short-term profit makes it easier to be manipulated into self-destructive choices by bad actors. And if the only way for a company to succeed is to play by the CPC’s rules, then perhaps the only winning move is not to play at all.
とはいえ、この状況に巻き込まれてしまう企業はかなり難しい決断を迫られています。利益獲得はビジネスでの成功に不可欠です、そしてビジネスチャンスを自ら棒に振る企業はまず存在しないでしょう。ただ、短期的利益を至上とする企業は簡単に騙されて、自らの利益をふいにすることでしょう。ゲームに勝つための唯一の手が中国政府の押し付ける不当なルールへの屈従のみならば、唯一の最善手は「最初からゲームプレイ自体に参加しない」ことなのかもしれません。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time… MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。