アノニマスの見解 Ep.20: 「グレート・リセット」を防ぎ止めよう

Hello everyone. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
ネットの皆さん、こんにちわ。「アノニマスの見解」へようこそ。

The year 2020 is over, and a new year has begun. And as many people have come to realize, our problems don’t go away just by making a number increase. If anything, they’ve probably gotten worse. And promise to grow worse yet.
2020年がやっと終わりまして、新年が始まりました。そして皆もお気きかと思いますが、年に1つ差をつけても去年の問題が消えるわけではありません。それどころかさらに悪化したと言っていいでしょう。しかも将来はより悪くなるらしいのです。

Of these problems, one of the biggest might be the (completely justified) loss of faith in mainstream institutions… particularly news media. To anybody paying attention, mainstream media has always been biased propaganda, of course. But over the last few years they’ve been doing a remarkably bad job of hiding it… to the point where even the common person in the street is starting to notice. And the vacuum created by this loss of faith is, unfortunately, filled by opportunists and lunatics in equal measure.
去年における最大の問題は、社会の基本的制度に対する(とはいえ、全く当然の)信頼の喪失です…特にマスコミに関する信頼です。もちろん、当チャンネルをご視聴の聡明な皆さんは、すでにマスコミ自体がプロパガンダの塊であるとお分かりのことだと思います。けれども、ここ数年でメディアにおける客観性の幻想を維持させるのがあまりにも稚拙すぎて、政治、社会問題に無関心な一般大衆ですら気付き始めてしまっている段階に達してしまいました。そしてその信頼の喪失を利用しようとする日和見主義者や頭のおかしな扇動者は至る所に出現しているのです。

Now, I’m not saying this is necessarily by design… but it does result in a fog-of-war effect with regards to information online. Every nugget of truth is buried beneath overconfident speculation and straight-up lies. Hiding the truth in the age of information may not be easy, but a high enough noise-to-signal ratio makes it very difficult to verify, let alone find.
意図的に仕組まれたとまでは言い切るつもりはありません。しかしながら・・、現在インターネット上では情報に対する「戦場の霧」が発生しており、少しばかりの事実が山ほどのデマや憶測、陰謀論に紛れ込んでしまっており、結果的に霞んでしまっています。この情報化時代においては事実を覆い隠すのは容易ではありません。ですが、「信号:雑音」の比率をわざと増幅させれば事実を隠蔽することが可能なのです。

Case in point, the “Great Reset”. You may have heard the name before, but what exactly it is depends on who you ask. To some groups, it’s a plan by the World Economic Forum (WEF) to overthrow sovereign nations and install a communist one world government. To others, it’s a go-nowhere moonshot project cooked up at the Davos forum and doomed to failure. And to the media propagandists, it’s a fabricated conspiracy theory with no connection to reality.
好例として、「グレート・リセット」を見てみましょう。皆さんの中にはもしかしたら、どこかで聞いたことある方がいるかもしれません。とはいえ、それが一体何なのかと尋ねられると、その答えは誰に話しかけているかによります。例えば、ある種の人々によれば、世界的な共産主義政権を課す世界経済フォーラム(WEF)の計画です。他の方によれば、ダボス会議で考え出されたかなわぬ夢にすぎません。もちろんマスゴミにいわせれば、「グレート・リセット」とは単なるネット右翼によって夢想された陰謀論に過ぎないことでしょう。

Rather than argue over which version is correct, we’d like to cut through the fog of war entirely and examine the World Economic Forum’s own website on the Great Reset, where they make no effort to hide the fact that it does, in fact, exist and is being seriously considered by several world leaders. And as we’ll quickly see, even by the WEF’s own description, the Great Reset is a terrible idea that should never be realized.
どの説明が正解であるかにこだわるより、「戦場の霧」を切り抜けて、WEFの「グレート・リセット」に関する情報サイトを調査したいと思います。実は、WEFがグレート・リセットについて包み隠さずに語っており、さらに世界の首脳が計画への支持を表明していることですら秘密にはしていないのです。そして、少し調べればすぐに分かるのですが、WEFの基準から見ても、グレート・リセットという代物は到底実現されるべきではない良からぬ構想なのです。

The WEF begins by talking about the deep economic impact caused by COVID-19 lockdowns in countries across the world. These impacts are real, certainly… though largely caused by mandatory, government imposed closures enforced at virtual gunpoint. In the US and Europe in particular, businesses have been forcibly closed against the will of both owners and customers, and punishing fines have been given for the smallest infractions by the few businesses that are allowed to remain open. It’s interesting to note that a recent Standford study found “no clear benefits” to these lockdown measures… in other words, they did little to stop the spread of the Chinese virus. But they did, conveniently, bring about the “sharp economic downturn” that the WEF cites as justification for their plans.
まずは、WEFが様々な国々おけるコロナウィルスに対するロックダウンから生じた経済的マイナス影響について語ることから始めましょう。たしかに、マイナス影響が事実ありました。しかし、その原因は政府による企業及び店舗への事業の強制閉鎖命令でした。特に米国とヨーロッパで、事業主と顧客の意思に反し多くの事業は強制的に閉鎖され、そして開業を続ける許可をもらった事業ですら厳しい規則の違反に対する罰金を科せられるリスクがあるのです。興味深いことに、スタンフォード大学が行った最近の研究によれば、このような強制的なロックダウンには「実証された効果がない」と結論付けました。つまり、ロックダウンはコロナの感染を減らさずに、WEFがグレート・リセットの正当化として挙げる「経済的後退」の影響をもたらしただけなのです。

“To achieve a better outcome, the world must act jointly and swiftly to revamp all aspects of our societies and economies, from education to social contracts and working conditions. Every country, from the United States to China, must participate, and every industry, from oil and gas to tech, must be transformed. In short”, says the WEF, “we need a ‘Great Reset’ of capitalism”.
「より良い成果をもたらすには、教育から社会契約や仕事に至るまで、私たちの社会と経済のあらゆる側面を刷新するために、世界はお互いに協力し迅速に行動せねばならない。米国から中国までのすべての国が参加し、石油やガス、ハイテク産業まで、すべての産業を変革する必要がある」
「私たちに今必要なのは、資本主義の『グレート・リセット』なのである。」
WEFはこのようなことを謳います。

What specific changes does this “Great Reset” involve? The WEF is short on specifics, but big on lofty rhetoric. According to their site, they want to “steer the market towards fairer outcomes” and for governments to “promote more equitable outcomes”. What exactly does this mean? Your guess is as good as mine, but words like “fair” and “equitable outcomes” are certainly red flags. They may conjure positive images in most people’s minds, but they’re also very subjective. What constitutes “fair” is an opinion that requires a central authority to determine, and where necessary, adjust outcomes to create the kind of “fairness” it envisions. This is completely different from “equality of opportunity”, where people are given the same starting conditions but have to achieve results through their own effort.
「グレート・リセット」はどのような変革をもたらすのか? WEFは言葉遣いは仰々しいですが、その中身は乏しいです。サイトによれば、「より公平性のある市場を目指し舵取り」をしたい、そして世界中の政府に「より公平な結果を促進すること」をしてもらいたい。具体的に何をすべきかは我々の想像に任せられたらしい。でも「公平性」や「公平な結果」という言葉遣いは、一目して肯定的なイメージを呼び起こしますが、これらの言葉は実際には極めて主観的であり、危険信号と言えるでしょう。何が「公平」で何が「不公平」であるかどうかは、それぞれ異なる個人同士の意見の問題だし、事実上、決定するためには中央権力機構が必要です。その中央権力機構が決定する「公平な結果」を実現するには「強制的な調整」も必要です。これは「機会均等」、つまり同じ出発点から自分の努力で結果を得ることとは全く違います。

We are given a glimpse, however, of the WEF’s vision of a post-Great Reset world in the form of their marketing material. As far back as 2016, the WEF’s Twitter account posted an image declaring that in the year 2030 “you’ll own nothing, and you’ll be happy”. Whether this was a suggestion, a promise, or a threat remains in question, since they deleted it last year after it started getting more negative attention than they wanted.
しかし、WEFは販促資料の形で彼らが部分的に「グレート・リセット後の世界観」を披露しました。かつて2016年に、WEFのTwitterアカウントはこの画像を投稿しました :「2030年、あなたの私有物は存在しなくなるだろう。だからこそ幸せになる」 これは提案なのか、約束なのか、それとも脅しなのか未だ不明ですが、その画像は去年に好ましくない形で注目を浴びた後、WEFが投稿を削除しました。

That image was based on a 2016 blog post by Ida Auken, a member of the Danish Parliament, who laid out her predictions for the year 2030 after the Great Reset was realized. These predictions include not owning your own clothing, sharing your house with random strangers, and living under round-the-clock total surveillance. Put simply, Ms. Auken’s idea of a perfect world was one where citizens owned no property at all, and only temporarily rented everything, including clothing and housing, from the government. Between “green energy” and recycling, Ms. Auken assumes there will never be a shortage of resources, and everybody can have whatever they want at any time.
この画像はデンマーク議会議員【イーダ・アウケン】氏が2016年に投稿した自身のブログから引用されました。彼女はそのブログ内で、「グレート・リセット後の世界」の予測を述べています。その予測の中で、自分の衣服すら所有しないこと、全ての住宅は共同所有であること、さらに年中無休の監視社会下で生活することすらも含まれていました。要約すると、彼女が言うところの「グレート・リセット後の世界」では個人の私的な所有物はいらず、国民は全ての必要な物を、服と住宅も含めて、政府から一時的に貸し出されます。グリーンエネルギーとリサイクルのおかげで、資源の不足という問題はありません、そして国民が何を望んだとしてもすぐに入手できるとアウケン氏は予想します。

After the post gained more attention, Ms. Auken attempted to clarify that this was not her utopia or dream of the future… but it’s very difficult not to read a tone of gushing praise in her predictions, nor the tone of condescension towards people who reject her fantasy world. As for the perpetual surveillance, her half-hearted concerns about it occupied a mere four sentences out of an 882-word essay. Hardly a balanced assessment of pros and cons.
このブログが世界から注目を集めた後、アウケン氏は自身の立場を明らかにしようとしました。特に、その2030年の予想は必ずしも理想的な世界ではないことを主張しました。でもその予想に関する彼女の過剰な称賛口調、またアウケン氏の理想的世界を拒む人々を見下すような論調も見逃すことはできません。監視社会への中途半端に懸念している箇所は、ブログ記事全文882語の内たった4文しか言及されていません。これでは、バランスの取れた意見とはとても思えません。

It’s difficult to say whether Ms. Auken’s vision is representative of the WEF’s plans for the Great Reset, but the fact that her blog post made its way into their official PR material certainly suggests they approve of it. And that should be worrying for a number of reasons. No matter how utopian her vision of a post-scarcity future may be, it is built on the premise of stripping human beings of their agency. The reality of resource limits and the flaws of centrally planned economies means that inevitably, people will stop being able to get whatever they ask for, and will start being told what they can and can’t have… whether they’re happy with it or not. And when you own nothing, not even the clothes on your back or the roof over your head, this means your survival is completely dependent on whoever provides them to you.
アウケン氏のブログはWEFの計画を代表するかどうかは評価しにくいと言えるでしょう。とはいえ、彼女のブログはグレート・リセットの販促資料に使われたという事実が、少なくともWEFがそれを支持すると暗示しています。その点においては憂慮すべきです。アウケンさんの脱希少性経済の予期がどれほど理想的であろうと、個人から行為者性(=行動・選択の自由)を奪うという思想に基づいています。資源の不足という事実、そして計画経済システムの失敗の連続を考えると、いずれ国民が何を欲しいにも関わらず入手できる物資は政府による制限を受けることになります。そして自分の服と住宅すらも所有しない国民の生活は、必然的に政府に完全に依存することとなるでしょう。

The power to provide you with everything also necessarily means the power to deny you access to anything. Considering we already live in a world where mainstream political parties in the US or Australia are openly discussing denying banking or travel services to people for their political beliefs or medical decisions, it’s very believable to think a Great Reset government would happily do the same. Pair that with the total surveillance that Ms. Auken fully admits will exist, and you have the makings of a disturbing dystopia where you get to choose between total obedience to your benefactors, or being left a penniless outcast…similar to how Chinese Social Credit already functions.
人々へ必要な物を必要な時に提供できる力は、必要な物への自由なアクセスを拒否できる権力と同義です。米国と豪州では、銀行・旅行サービスを政党所属それとも医療選択によれば拒否できる権力を求めたい方がいると考えると、グレート・リセット下の政府は同じことをする可能性があると考えても大げさではありません。アウケン氏のブログに語った完全なる監視も含めると、「グレート・リセット後の世界」は完全なディストピアのようにに見えます。政府の命令に従わない国民が一文なしの「のけ者」となる世界です。実は現在に中国が使ってる「社会信用システム」と非常に似てます。

Whatever the WEF’s real plans are for the Great Reset, it’s difficult to dismiss the whole thing as an impossible dream project. Leaders in the UK and Canada have already spoken in support of the idea, with terms like “build back better” as their slogan. And always insisting that COVID-19 has created a “small window of opportunity” that must be exploited quickly “before its too late”.
WEFがグレートリセットのために、本当に計画を立てているのかどうかはともかくとして、その全てを不可能な夢のプロジェクトだと断定して却下するのはとても難しいのです。イギリスとカナダの指導者は「より良い復興(ビルド・バック・ベター)」というスローガンを使いながら、グレート・リセットの支持を表明しました。そしてグレート・リセットの支持者は常に、コロナウィルスが「手遅れになる前の迅速に動くべきほんの短い時期にチャンスが来るであろう」と主張します。

Rushed decision-making in a crisis is almost universally a bad idea, and sweeping changes to our society and economy should not be made by a small handful of oligarchs at the Davos Forum. Given that the WEF’s partners include Google, Amazon, Facebook, Apple, and large firms with ties to the authoritarian Chinese government (to say nothing of other sinister, influential groups), there is almost no reason to believe the WEF’s ideas for a Great Reset will benefit the average citizen. Many of these partners are actively engaged in censorship and authoritarianism, and they will absolutely try to influence the shape of this new society to their own benefit. Far from Ida Auken’s utopia, the post-Great Reset world is more likely to be an Orwellian dystopia.
危機的状況の中で、重要なことに関して急いで決断してしまうと、物事は大抵劣悪な方向へ進むこととなります。また、とある判断が社会や経済にとって劇的な変化が伴う場合は、それをダボス会議に参加資格があるような、少数の選ばれたエリート達のみに任せるべきではありません。 WEFのパートナーの中にはグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル社、そして中国政府とつながりがある大企業(そして他の不吉な集団)も含まれていることも忘れないで欲しいのです。 WEFが計画する「グレート・リセット」という代物は一般の国民の利益になるわけがありません。そのパートナーの中には検閲や権威主義的な行為に賛同・参加する団体があまりにも多いのです。彼らはグレート・リセット計画に対し、自分たちの利益のために大いに影響を与えることでしょう。しかしそれは、イーダ・アウケン氏が夢想した理想的な世界とは程遠く、ジョージ・オーウェルが小説『1984年』で描いていたようなディストピアにすぎないでしょう。

Whether the Great Reset is a world domination plot or a foolish bureaucratic pipe dream, the threat it poses is the same. Sweeping changes on the scale the WEF proposes have all the same potential for damage either way. Rather than argue about the WEF’s intentions or loyalties, we’re better off focusing on our common area of interest: trying to prevent it from happening in the first place.
さて、一体グレート・リセットとは世界を支配するための計画なのでしょうか。それとも愚かな官僚支配主義的な妄想にすぎないのでしょうか。いずれにせよ、もたらされる危険は同じです。WEFが求めているような急激過ぎる変革は全世界の社会にダメージを及ぼす可能性が十分にあります。 WEFの本当の目的について議論するより、共通の目的に集中させる方が効果的です。
――というより、そもそも「グレート・リセット」を最初から実現させないことです。

There’s no denying that problems exist in our societies and economies. And where an opportunity exists to make changes, it should be taken. But for these changes to be lasting and positive, they need to be created consensually by individuals and communities from the bottom up, not unilaterally by elites and oligarchs from the top down. The Great Reset is a bad idea, and the next time you see a wealthy executive or elite politician urging the need to “build back better”, you should remember that they don’t have your best interests at heart.
現在の社会や経済に様々な問題があるのは当然です。そしてチェンジできる機会があれば、もちろんチェンジすべきです。しかし、長期的な、そしてプラスのチェンジを望むならば、エリートからの強制を伴うトップダウン型の意思決定ではなく、一般の個人や民衆、地域社会からの合意の上で実現させる必要があります。「グレート・リセット」は思いつく限り最低最悪のアイデアです。そしてまた次に、エリートの側である政治家や巨大企業の最高幹部が「より良い復興」の必要性を声高に要求し始めたら、彼らの本音の部分では、我々普通の国民の利益など全く考えてないことをよく心に留めておいてください。

This was ANONYMOUS NO KENKAI… and until next time, MACHIUKE NASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。

デジタル庁とプロバイダ責任制限法の改正に応えて、「セッション・アプリ」を紹介します

In the second year of the Reiwa Era, Japan is facing unprecendented change. Along with the arrival of a new Prime Minister, the nation is also being promised a new “Digital Agency” that will cut through the red tape of the old bureaucracy and modernize government for the betterment of its citizens.
令和時代の2年目に、日本がかつてない変革に直面しています。新しい総理大臣と共に、政府の官僚主義を改めて国を近代化する「デジタル庁」の設立が約束されました。もちろん、より良い社会作りのために。

But will it truly better the lives of citizens? Or will it only enhance the power of an already powerful government?
けれども、本当に社会を良くするのでしょうか?それとも既に強権的になっている政府をさらに強化させるのではないか?

One of the policy goals of this “Digital Agency” is to expand the use of the already unpopular MyNumber system, which consolidates the personal and financial information of citizens into a single database under constant government surveillance.
「デジタル庁」の政策目標の1つのは、悪評高いマイナンバーシステムの使用を拡大することです。このシステムの目的は全ての市民の個人情報、そして財務情報を政府に管理・監視されたデータベースに集中化することです。

In recent years, we have also seen the creation of Chinese-style Social Credit score systems such as “JScore”, which offer an inescapable Panopticon in exchange for a few paltry virtual points or discount coupons. Though JScore is a private venture, it is already known that Japan’s “Digital Agency” will lean heavily on the private sector. The possibility for the integration of JScore into the MyNumber system is not only possible, but likely.
近年は、中国のように「社会信用スコア」(例えば”JScore”)も日本に現れています。この手のシステムは、完全な監視社会(パノプティコン)を強要します。とはいえ、バーチャルポイントや割引券をバラ撒くことで、我々市民の注意の目をそらしてしまうことでしょう。ちなみにJScoreは民間セクターのプロジェクトですが、「デジタル庁」には民間セクターの関与があるとすでに発表されました。つまり、JScoreのような信用スコアのマイナンバーシステムへの統合が大いにあり得ることでしょう。

Finally, the cooperation of certain Japanese agencies… most notably the Cabinet Intelligence Research Office and the Directorate for Signals Intelligence… with foreign intelligence agencies shows that not only is total surveillance of the Japanese internet happening, it is largely done at the behest of foreign powers.
最終的に、日本と米国の諜報機関の間の協力関係(とくにCIROとDfS)を観察していれば、日本国内のインターネットが完全に監視下に置かれるだけでなく、大部分的に外国勢力の言いなりになってしまうことは言うまでもありません。

The likelihood that all of these things to be integrated and expanded upon under the “Digital Agency” creates the potential for a total surveillance state under which the citizens’ right to privacy will be violated as never before.
このような問題は「デジタル庁」の下に統合・拡大され、市民のプライバシーはかつてないほど侵害される監視社会が産み出される恐れは、十分にあります。

That potential is already in the process of being realized. It was only one year ago that the Japanese Ministry of Internal Affairs and Communications wanted to request Japanese ISPs to actively block websites under the pretense of stopping manga piracy. Now the Ministry has yet another “interesting proposal” to offer.
その恐れは今、実現されている最中です。去年、総務省は海賊版マンガの脱法投稿に心配するふりをして、憲法第21条を違反しているにもかかわらず、サイトブロッキングを合法化しようとしていました。今年、総務省は再び「素晴らしいアイデア」を考えています。

On May 23rd this year, Japanese wrestler Hana Kimura tragically ended her own life. The media was quick the seize upon the story, making hateful internet comments the sole reason for Hana Kimura’s passing. Popular anger was mobilized, and then exploited to lobby for amendments to laws governing the Disclosure of Sender Identification Information. These laws provide liability protection to service providers and online platforms when requested to disclose personal information of their users in response to lawsuits.
今年の5月23日に、女子プロレスラー木村 花さんは悲しいことに自ら命を絶ってしまいました。マスコミは早急にこの事件に付け込み、木村さんの自殺を全部オンライン中傷コメントのせいにしました。これを口実に世論を利用し、政府が発信者情報開示に関する法律への改正を働き掛けました。この法律は、情報の流通によって権利の侵害があった場合について、プロバイダーの損害賠償責任の制限そして発信者情報を開示する権利を定めます。

Under new proposals, internet service providers and platform operators would be requested to not only maintain logs of user IP addresses and timestamps of user activity, but also to disclose phone numbers used for Two-Factor Authentication. Lawyers in favor of these amendments even speak of automated infrastructure to more quickly and easily harvest phone numbers and other identifying information on request from providers.
今回の提案された法律の改正案によれば、プロバイダー及びオンラインプラットフォーム管理者は、ユーザー活動のログ(IPアドレスやタイムスタンプ等)を保存する義務を有するだけではなく、個人認証のために収集される携帯電話番号をも開示しなければなりません。法律の改正に賛成する弁護士達は、すでにユーザーログや電話番号の情報開示をより早く申請できるインフラがどこであるかについて、談義しています。

Online slander can certainly cause problems and even harm to individuals, but increased surveillance is not an acceptable solution. Indeed, any such surveillance power is likely to be abused under the umbrella of a future “Digital Agency”, with the definition of “slander” expanded to include government critics and independent journalists.
ネット上の中傷は由々しき問題です。確かにそれは我々にとって有害です。とはいえ、政府によるさらなる監視はとうてい受け入れられる解決策とは言えません。逆に、それらような権力は間違いなく「デジタル庁」によって乱用されます。そして「中傷」の合法的定義が恣意的に拡大解釈され、その範囲は政府への批判そして独立ジャーナリズムまでもが含められるでしょう。

As we have often said in the past, relying on third parties to defend your rights is almost the same as having no rights at all. They only exist as far as your ability to defend them yourself, and the right to privacy is no different. If the Japanese government wishes to collect identifying information from online platforms, then our only choice is to use platforms that cannot provide any identifying information at all.
これまで述べ続けてきた通り、権利の保護を第三者に任せるということは権利を放棄することと何ら変わりません。自身の権利が欲しいのなら、自ら保護しなければなりません。プライバシーもそうです。政府がオンラインプラットフォームに発信者情報の開示を請求したいのなら、我々には発信者情報を全く収集できないプラットフォームを利用するしか術がありません。

In the past, we have introduced a variety of software solutions to allow you to protect your own privacy online. This time、in response to the Caller Information Disclosure proposals, we wish to introduce “Session”.
以前に、我々はプライバシーを保護できるツールを、日本国民である皆さんに紹介いたしました。今回、発信者情報開示法律の改正に対して「セッション」というアプリを紹介したいと思います。

Session is an open-source messaging application which uses decentralised storage servers and an onion routing protocol to send end-to-end encrypted messages with minimal exposure of user metadata. Session works to reduce metadata collection in several ways:
セッション はオープン・ソース、安全なメッセンジャーアプリです。分散型記憶サーバ、そしてオニオンルーティング・プロトコルにより、メタデータの暴露をできる限り防止しながら、終端間暗号化されたメッセージを通信します。
セッションは、いくつかの方法でメタデータの収集を軽減しています:

Firstly, Session does not rely on central servers, instead using a decentralised network of thousands of nodes.
第一に、セッションは中央型サーバーに頼らず、何千もの分散型ノードのネットワークを使用します。

Secondly, Session ensures that IP addresses cannot be linked to messages sent or received by users.
次に、セッションがIPアドレスへ送られるメッセージとつながらないように、そしてさらに相手に受信されないよう安全性を確保します。

Thirdly, Session does not ask or require users to provide a phone number or email address when registering a new account. Instead, it uses cryptographic keys as the basis of an account’s identity.
最後に、セッションではアカウント作成の際、メールアドレスや電話番号を必要としません。その代わり、暗号の公開鍵システムをアカウント識別のための基準として使用します。

Session has recently been translated into Japanese, and is available for download on a variety of platforms. Session is also part of a larger project, “Lokinet”, which provides more tools and infrastructure to help you protect your own privacy online. We are currently translating Lokinet documentation into Japanese, in hopes for a Japanese version on final release.
「セッション」は最近、日本語にローカライズされており、様々なプラットフォームで入手しインストールできます。そして「セッション」は、実際に「Lokinet」というプライバシー保護ツールやインフラを提供する巨大プロジェクトの一部です。我々は現在、日本語版のリリースをさせる目標として、Lokinetのマニュアル、ユーザガイドを日本語にローカライズしている再中です。 

We encourage all Japanese internet users to follow the development of both Session and Lokinet, and begin embracing privacy protecting infrastructure now, before the “Digital Agency” fully rises to power.
全ての日本国民の皆さんへ、「セッション」及びLokinetの開発を見守るよう、よろしくお願い致します。「デジタル庁」が設立される前に、そして全てが手遅れになる前に、我々はプライバシー保護ツールとインフラを手に入れなければなりません!

アノニマスの見解 Ep.15:”EUNOMIA”又は”私は如何にして心配するのを止めて社会信用システムを愛するようになったか”

EUNOMIAの漏れた情報の完全文書:https://gnujihad.neocities.org/leak/

Hello everyone. And welcome to another episode of “ANONYMOUS NO KENKAI”. And a very exciting episode it is, because we’ve got an insider leak of some interesting info about a project called “EUNOMIA”, in coordination with the Fediverse’s own “Free Speech Axis”.
皆さん、こんにちは。「アノニマスの見解」にようこそ。そして今回はいつもより面白い動画になるでしょう…というのも、我々がFediverseの「言論自由連合」と協力して入手した「EUNOMIA」というプロジェクトについて、インサイダー情報漏れの詳細を公表しますから。

Long time viewers of this series might remember Episode 5, where we talked about Mastodon, GNU Social, and Plemora. In particular, you might remember a man by the name of Gargron, also known as Eugen Rochko. He’s going to be important to this story, so you might want to go watch that episode if you don’t know why he’s important.
このシリーズの長年のファンは「マストドン、GNUソーシャル、Plemora」についての第5話を覚えてるかもしれませんね。特に、「Gargron」(別名Eugen Rochko)という男も思い出すかもしれないですね。彼がこの話にとって重要なので、新登録者はぜひ第5話をご覧下さい。

But first, let’s talk about “Fake News”. Fake News is a really big problem these days, if you listen to media and politicians. Spies, extremists, and scammers are all supposedly using the internet to spread fake stories and trick the public into believing the wrong information.
しかしまずは、フェイクニュースについて語りましょう。マスコミと政治家によれば、フェイクニュースはますます大きな社会問題になっているらしいとのことです。スパイ、過激派、そして詐欺師達はインターネットを使用してデマ情報を拡散して人々を騙そうとしています。

And of course, the same media companies and politicians are ready…eager, even…to offer solutions to the problem. Journalists name and shame online personalities. Silicon Valley companies like Facebook and Twitter routinely engage in purges of “fake news” from their platforms, silencing or even banning accounts that spread it. How exactly they discern fake news from truth remains a mystery, unfortunately…
もちろん、こういうメディア企業や政治家は同時にフェイクニュース問題に対して解決策を提供したがっています。記者はYouTuberを非難しますし、Facebook、TwitterなどのシリコンバレーSNS企業はフェイクニュースを追放して、デマ情報を広めるアカウントもBANして削除しています。デマ情報を認識する方法は残念ながら、未だ謎のままですけれども…

Some governments, notably China, have taken stronger measures. China’s infamous “social credit” system does a lot of things, but apparently one thing that can reduce your national loyalty score is “spreading fake news”…of course, the Chinese government gets to decide whether news is fake or not. The military government in Thailand, meanwhile, has been very active in using its own “Computer Crime Act” to arrest its critics, claiming they spread “false information”.
ある国々、特に中国はフェイクニュースに対しさらに厳しい措置を課しまています。中国の悪名高い社会信用システムには多くの要素がありますが、採点を下がる基準の一つは「フェイクニュースの拡散」のようです。何が「フェイク」かどうかはもちろん、中国政府が決めますね。同時に、タイの軍政府はよく「コンピューター犯罪法律」を使用して批判者を逮捕します、「彼らがデマ情報を広めていた」と公言しながら。

But the civilized nations of the Western world insist that they’re different from their totalitarian counterparts. Their campaign against fake news is sincere, and in the best interests of democracy. Interestingly, though, they have little to say about the fake news they participate in creating. Fake news like the Covington High story, where multiple supposedly reputable American news outlets spent days reporting flat-out lies about a group of high school boys, while Twitter looked the other way as outrage mobs led by celebrities harassed and threatened children. Thankfully the truth was livestreamed, but where was their concern for fake news then?
しかし、西欧諸国が自分達はこれら全体主義国家とは違うと主張しています。彼らはフェイクニュースへの反対運動は民主主義を救うためだと言い張ります。けれども大変興味深いことに、自分が広めているフェイクニュースを見過ごしていますよね。例えば「コビントン・カトリック高校の事件」…アメリカの一流新聞が事実確認せず、何日間も高校生について真っ赤なうそを放送してしまったという事件。そして同時に、Twitterスタッフが気付かぬふりをしながら、コビントン高校生は嫌がらせや死の脅迫を受けていました。幸いなことに事件はたまたまにライブストリーミングされたので事実がやっと明るみに出ましたが、でもそれこそフェイクニュースではないでしょうか?

Then there’s the RussiaGate scandal…two years of politicians and media companies insisting that US President Donald Trump was a secret Russian asset, until an investigation disproved it as conspiratorial nonsense. No matter one’s opinion on the man, these are reckless and irresponsible lies.
次はいわゆる「RussiaGate」スキャンダルについて話しましょう。2年間も、アメリカのマスコミと政治家がトランプ大統領はロシア政府に操られたというデマを広めていましたが、調査当局は結局それは根拠のない主張であると反証しました。トランプ大統領を好むかどうかにもかかわらず、こういう噂を広めるのが事実を誤る重大な落とし穴です。

These are only two examples, but there are more…far too many to go into here. And in none of these cases do the media or politicians admit responsibility. Yet they want to tell us what news is fake or real?
これはほんの数例にしか過ぎないのですが、他にも数え切れないほどあります。マスコミや政治家はこういうフェイクニュースを広めることに対し、全く責任を取らないにもかかわらず、フェイクニュースを決める権利を主張しようとしているのです。

The reality is, no matter where you go, its not uncommon for the authorities to say one thing and do another. And the unilateral solutions they impose always seem to create more problems than they fix.
実は、どこへ行こうが、当局にとって、言っていることとやっていることの違いはありふれたことです。そして当局が一方的に押し付ける解決法はしばしば別の問題を発生させるでしょう。

And that brings us to our main topic, “EUNOMIA”…an EU initiative to create a software solution to solve the fake news problem. …yeah, I think you can see where this is going.
それでは、本題に戻りましょう…EUNOMIA、フェイクニュース問題を解決するために作られたEUのソフトウェア開発プロジェクトです。さて、皆さん。話の落ちどころは既に見えていますよね…

From the European Commission’s own website, they describe EUNOMIA as “a fully decentralised, intermediary-free and open-source solution for addressing three key challenges: which social media user is the original source of a piece of information; how this information has spread and been modified in an information cascade; and how likely it is to be trustworthy…EUNOMIA actively encourages democratic citizen participation in content verification by allowing voting on content trustworthiness and influencing the reputation of content generators and sharers”.
欧州委員会のプロジェクトサイトによれば、「EUNOMIAは3つの主要問題に対処する分散的オープンソースソフトウェアソリューションです。どのSNSユーザーが情報の出所なのか、共有されるにつれて情報はどのように変更されたのか、どうやって情報の信用性を判定するのか、出所の評判や情報の信用性に関する投票を認めることによって、EUNOMIAは民主的な事実確認活動への参加を奨励します。」

In other words, EUNOMIA is going to keep track of who said what, when, and where. It’ll track who shared that information, and with whom. Finally, it’ll host an online popularity contest to decide who’s telling the truth or not, and brand people with a number score based on the results. I think it should be clear how much of a bad idea that is. It sounds worryingly close to Chinese social credit.
つまり、EUNOMIAはユーザーのやり取りを四六時中監視して、誰が誰と情報を共有したかを記録に残します。そしてオンライン人気コンテストによって、一番正直な人々を決めます。さて、ここまでお聞きの皆さんは、問題の兆候が見えるでしょうか?心配になるほど中国の社会信用システムに似ていませんか。

But who cares, right? It’s just the EU, and Facebook and Twitter are already heavily censorsed hellscapes. Well, yeah…about that. Remember when we mentioned Mastodon and Gargron? Guess who’s on the list of contributors to the project…getting paid 63,290 euros to participate? Eugen Rochko, Gargron himself.
でも大した問題ではないでしょう?EUの問題ですし、FacebookやTwitterはすでに監視されてる。いえいえ、実際はその点には面白い話があるのです…動画の冒頭でマストドンとGargronさんについて述べましたよね?6万3千ユーロの引き換えに、誰がEUNOMIAの開発に参加しているのでしょうか?Eugen Rochkoさん、Gargron本人です。

Why would the creator of Mastodon be working on EUNOMIA? Maybe because Mastodon, and the wider Fediverse, is intended to be its testbed. In fact, the EUNOMIA project description itself clearly states that it is “ideal for evaluation on similarly open, decentralised and federated new social media networks”.
マストドンの開発者はEUNOMIAプロジェクトに参加する理由はなぜでしょう?おそらくマストドン、そして全てのFediverse、はEUNOMIAのテストベッド環境になるからです。実はEUNOMIAの情報ページでははっきり説明されています。「同じ分散的連合されたSNSはプロジェクトの評価に理想的です」と書いてあります。

To be clear, the Fediverse…a decentralized federation of alternative social media services…is the place where people go to escape the censorship, authoritarianism, and surveillance of mainstream social media. It’s a place where they can speak freely and tell jokes without fear of being banned, or even arrested. What EUNOMIA proposes is to bring in the worst aspects of both mainstream social media and Chinese style social credit. No surprise it’s so unpopular.
はっきり申しますと、Fediverse(分散的な代替SNSの連合)は主流SNSの検閲、権威主義、そして監視から離れたいわばオアシスと言えます。BANや逮捕に恐れず、自由に話し、冗談を飛ばしする場所です。そしてEUNOMIAプロジェクトは主流SNSの最悪の部分をFediverseに持ち込もうとしている。嫌われているというのも不思議ではありません。

Of course, the creators of EUNOMIA are quick to deny this. The project’s own Mastodon-dot-social account says it will “not in any way involve Mastodon social, and…will not involve anyone without their explicit consent”. All well and good, but it’s worth noting that we have no guarantee that this will always be true, or even if it’s true now.
もちろん、EUNOMIAの開発者は否定します。プロジェクトのマストドンアカウントによれば、EUNOMIAはmastodon.socialと関係ないですし、また同意なしにユーザーを関与させません。それで大丈夫ですと、言うのは簡単ですね。しかしながら約束を破らない保障がありません。

Comparisons to social credit are also denied, since the project claims its purpose is “to assist social media users in determining trustworthiness of information”. In other words, it isn’t a central authority deciding what’s true, it’s just a tool to help other people vote on what they think is true. Personally, I don’t enjoy the idea of crowd-sourced social credit any more than the centralized variety. If anything, the outrage mobs and groupthink we’ve seen on Twitter makes me fear social credit by mob-rule even more.
社会信用システムとの比較も否定しました。プロジェクトの目的は「ユーザーに情報の信頼性を判断できるように支援する」です。つまり中国の一方的なシステムとは違い、単なる信頼性を判定して投票するツールだと言われています。個人的に、最近のTwitter版魔女狩りや大衆迎合主義的な風潮を見ると、クラウドソーシングによる社会信用システムはさらに恐ろしいと思いますが。

But aside from that, there’s no escaping the reality that such a system would necessarily entail tracking and analyzing conversations, necessitating a panopticon-like surveillance of discourse across the Fediverse. Even if they claim that participation is voluntary, once the infrastructure is built, how easy would it be to just expand it after the fact? Or for other people to inherit the project and expand it later? This could especially be worrying to Japanese Fediverse instances, as these software tools will likely be localized and imported by certain characters if they prove successful in the EU.
とはいえ、その話は別にして、このシステムは情報の出所を究明するためなら、Fediverseユーザーのやり取り全てを監視しないといけません。パノプティコンのような監視システムと全く変わりはありません。初めは自主的参加かもしれませんが、インフラは構築されたら将来いつか範囲を広げるのは簡単でしょう。あるいは管理が交代されたら、プロジェクトの方向を変えるかもしれない。日本のFediverseインスタンスにとって特に恐ろしいことではないでしょうか。プロジェクトがEUで上手く行けば、この監視システムは好ましからざる怪人物によってローカライズされ、採用されるかもしれません。

Moreover, the idea of voting or scores to rate trustworthiness implies a system that discourages individuals making their own assessments about the truth, and instead blindly trusting the opinions of the majority. The creation of cliques and groupthink in such a system would be inevitable, and any search for truth would quickly be drowned out.
その上に、投票で情報の信用性を決すること、そして事実を単なる数値スコアのレベルに落とすのは批判的思考の正反対です。そのようなシステムは必然的に派閥根性や集団思考をもたらす。そういう混乱に真実を探すことができなくなります。

Apparently I wasn’t the only one who had these concerns, because somebody inside the EUNOMIA project decided to leak chat logs from their internal discussions. And some of the things they have to say only deepen my concerns.
こういう不安感を持つのは私だけではなさそうです…EUNOMIAプロジェクトのインサイダーが開発者の内部チャットのログをリークしました、そしてログの内容を読むと余計に不安感を感じます。

For one, EUNOMIA will likely involve datamining instances via public APIs. No surprise, given datamining firms like SYNYO GmbH are key members of the project. They claim it will be opt-in and anonymized, but given the volume of data they’d likely need to build their models, its hard to believe that promise will last long. As for anonymisation, studies have shown how easy it is to re-identify users from aggregate datasets.
まず第一に、EUNOMIAはインスタンスの公開APIを使ってデータマイニングを行うそうです。「SYNYO GmbH」というデータマイニング企業がプロジェクトに参加するので、驚くほどではない事実です。収集はオプトインのみ、個人情報は匿名化されると言われますが、統計模型を築くために大量のデータが必要だと思います。自主的参加が足りない場合、その約束を守れるのでしょうか?そして匿名化について、データ匿名性を奪うのは意外と簡単だということを調査は示しています。

Secondly, EUNOMIA appears to be using some very questionable sources as reference for their models…namely the New York Times and Facebook. Remember, the NYT was central to spreading both the Covington High lie and the RussiaGate hoax. And Facebook has repeatedly been exposed as a biased actor in the way it controls how information trends on its platform. Hardly credible experts on identifying fake news when they couldn’t even identify their own.
第二に、EUNOMIAは統計模型を築くには信頼性に疑問のある情報源を利用している。特にNew York TimesとFacebook。忘れないてはなりません、New York Timesはコビントン高校とRussiaGateのデマを広めることに最大の影響を与えました。そしてFacebookがトレンディング・トピックを歪曲していることがすでに発覚しました。自分で作ったフェイクニュースを発見できなければ、情報の信用性を究明する資格があるのでしょうか?

Lastly, they internally refer to criticism of the project as “paranoia”, downplaying the validity of concerns and showing a lack of self-reflection, or even an understanding of why the Fediverse reacts negatively to them.
最後に、内部での会話によればEUNOMIAプロジェクトへの批判は「妄想症」患者の妄想であるかの様に呼ばれ、ものともされていない。彼らには本当のFediverseからの反応は理解できないでしょう。

Bottom line, given the people involved, the histories of behaviour, and the attitudes on display, there are a lot of red flags surrounding the EUNOMIA project. What we can do to avoid it or mitigate the damage it may cause isn’t clear, yet. But identifying the threat is a good first step. The leaked info is linked in the description. I’d also like to make a Japanese translation eventually.
要するに、プロジェクトに参加する人物、そしてその考え方と行動を考慮すると、大きな危険信号であると我々は見えます。その危険性を避けるか軽減できるかまだ分からないが、せめて脅威を理解しておけばいい。漏れた情報の完全文書は動画の説明にリンクされます。いずれ日本語の翻訳版も作りたいと思います。

Fake News does exist, and it can be a problem, but it’s not going to be solved by an app or an algorithm. Technological solutions cannot fix human problems, and trust scores do nothing to encourage critical thought. If the goal of EUNOMIA is to help people determine trustworthiness without defining it, then objective metrics shouldn’t be involved at all, no matter how democratic the process leading up to them. The only thing that can help social media users to seperate fact from fiction is critical thinking, common sense, and personal responsibility when both producing and consuming information. And if they lack those qualities, then no piece of software is going to save them.
フェイクニュースは実際に存在します、そして本当に問題であると我々は考えています。けれども、その問題はアプリや技術によって解決することはできません。技術的な解決策は人間の問題には有効ではない。そして「信用スコア」などは批判的思考を妨害する影響がある。EUNOMIAの目的は本当に「ユーザーに情報の信用性を究明できるように支援する」なら、どんなに民主的であろうとも、投票システムや数値スコアを使うべきではないと思います。誰にだって、批判的思考、常識、そして自己責任から作り話と事実を区別する能力が備わっていると信じています。そういう資質を備えない人間にとって、ソフトウェアはその代わりのものになるわけがない。

To every member of the Fediverse, the answer is clear; Say No to Eunomia. And Eugen…if you really want to make the Fediverse a better place, consider donating your 63,000 euro bribe to a media literacy program instead.
Fediverseのユーザーにとって、たった一つの道しか見えない…EUNOMIAに絶対反対しましょう。そしてEugenさんに一言アドバイスを与えてあげたいと思います。本当にFediverseを良くしたいならば、あの6万3千ユーロの賄賂をメディアリテラシー育成する講座に寄付しなさい。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time…MACHIUKENASAI
これはアノニマスの見解でした、そして次回まで…待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.12: 公開ブロックチェーンの落とし穴

Hello everyone, and welcome back to アノニマスの見解. It’s been a while since the last episode. My apologies for the long delay.
皆さん、こんにちは。「アノニマスの見解」へおかえりなさい。前回の動画からご無沙汰でしたね。遅れて申し訳ありません。

Unfortunately, the forces of censorship and surveillance didn’t take a break during this period, and there’s a lot to catch up on.
残念ながら、監視そして検閲勢力はその間に休息を取っていませんでした。今まで伝えきれなかったニュースがたくさんあります。

As you might already know, Site Blocking has taken a turn for the worse, with DoS attacks against alleged pirate sites being proposed in government run study groups. CIRO and the Directorate for Signals Intelligence haven’t gone anywhere, and there’s no shortage of new hardware AND software vulnerabilities that threaten your privacy.
すでにご存知かもしれませんが、政府の勉強会は著作権侵害と疑われるサイトへのDoS攻撃を提案していました。サイトブロッキングの状況が悪い方向に向かってしまいますよね。監視機関である「CIRO」と「DFS」は近いうちに消えそうな気配はありません。そしてプライバシーを脅かすソフトウェアとハードウェアの新しい脆弱性は次々と現れています。

But today, we’re going to talk about something different; cryptocurrencies, and how they related to the idea of financial privacy. But first, some background.
ただし今回は違うトピックに集中したいと思います…仮想通貨、そして金銭面のプライバシーとの関係について。まずは背景を説明しましょう。

In June of this year, Coincheck, one of Japan’s largest cryptocurrency exchanges, announced that it was suspending all trading in Monero, Zcash, Dash, and Auger… all currencies that are designed around the idea of user privacy. This was after the Financial Services Agency threatened stricter regulation of cryptocurrencies in Japan, strongly implying this was a response to government pressure.
今年の6月に、日本最大の仮想通貨取引所の一つ「コインチェック」がMonero、ZCash、Dash、そしてAugurという仮想通貨の取引を一時停止することを発表していました。これらの仮想通貨は全てプライバシー保護の考えに基づいて設計されました。これは金融庁がもっと厳しい規制を仮想通貨市場に課すと脅した後でしたから、政府からの圧力を受けてしまったことを強く暗示しています。

Later that same month, the National Police Agency arrested multiple website operators for putting “Coinhive” into their websites. Coinhive is a distributed program that uses the computing power of website visitors to mine for Monero. But the NPA arrested them for violating a law banning computer viruses, implying they believed Coinhive to be a virus, even though there is no official judgement that this is accurate.
同月の後半、警察庁は様々なウェブサイト運営者を「コインハイブ」の利用で逮捕しました。「コインハイブ」はMoneroを稼ぐ分散的な仮想通貨マイニングプログラムです。ただし、警察庁によればウェブサイト運営者はウイルス規制法に違反したとのことです。つまり、その判断の適法性は不透明にもかかわらず、警察庁がコインハイブそのものはウイルスだと判断しました。

Finally, just last month, the National Police Agency announced their budget for 2019, including 2.7 billion yen to fight cyber threats. In that budget was a plan to purchase a blockchain surveillance system from overseas which would allow the NPA to gain a “bird’s eye view” of all transactions on the blockchains of major cryptocurrencies, including Bitcoin and Ethereum, and possibly others. While no information on this system has been announced, there is a high possibility that this surveillance system will be “Elliptic”, one of the most well-known and popular blockchain surveillance tools.
最後に、ちょうど先月に警察庁が2019年の概算要求を公表しました。その中にはサイバー空間の脅威に対処するため計27億円が含まれていました。概算要求の中に、仮想通貨の取引履歴を効率的に把握するシステムが盛り込まれました。このシステムはビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨の取引履歴の全体が見渡せます。システムの詳細は発表されていませんが、海外からの最も有名な仮想通貨監視ソフトウェア「Elliptic」だとの可能性が高いでしょう。

Based on all of this news, it’s easy to understand that the Japanese government is struggling to assert control over the world of cryptocurrency in Japan. Privacy-focused cryptocurrencies like Monero are attacked, while surveillance tools to watch open blockchains are installed. The media talks about these measures as necessary to fight criminal money laundering. But as we’ve said in previous videos, empowering an authority to protect you doesn’t protect you from the authority itself. And government surveillance over individual finance can create many negative and unintended side effects.
このニュースに基づいて、日本政府が日本における”仮想通貨の世界”に対する支配を確立しようとしていることは明らかです。Moneroのようなプライバシー保護の仮想通貨を攻撃しながら、公開ブロックチェーンを監視するインフラを整備しています。マスコミによれば、このような対策は犯罪やマネーロンダリングを防ぐためですが、前の動画で言った通り…当局は犯罪からあなたを守れるかもしれませんが、誰も当局からあなたを守りはしません。そして政府があなたの財務を監視する力を手にすれば、それは意図せぬマイナスの結果をもたらします。

Firstly, it’s important to remember that historically, total surveillance and central control over individual finance was not the norm. Whether through cash or barter, individuals have been able to privately exchange value for centuries. Regulations evolved over time as a means to counter abuse, but total surveillance and control over finance is a relatively recent development. However, many developed nations now favour credit or electronic payment systems over cash. Some countries, like India, have even tried to eliminate cash entirely, though often with disastrous results.
先ずは、歴史的に見れば、個人の財務に対する監視と集中管理は基準ではなかったと理解すべきです。現金にせよ、もしくはバーター取引(現金を使用しない取引)にせよ、個人間の価値交換の歴史は何世紀も昔に遡ります。乱用を防ぐために規制は時代が進むと共に進化しましたが、現在のような監視やコントロールは最近の動向です。ただし、様々な先進国は現在、現金よりクレジットや電子マネーを優遇しています。インドなどの国は貨幣の通用を完全に廃止しようとしていました。とはいえ、悲惨な結果を招いてしまいましたが・・・

While a cashless society seems convenient, it comes with one very big problem; it takes power away from individuals and gives it to large, centralized institutions. With cash, two individuals can exchange value freely. I can invite my friend over for dinner, give him cash in exchange for something, and nobody can really interfere in our transaction. But with cashless electronic payment, the company running the system can monitor every transaction, and even deny transactions it doesn’t approve of. In a worst case scenario, it could even cut a user off from the system entirely. We saw a vivid example of this in 2010, when multiple banks and credit card companies arbitrarily and simultaneously cut Wikileaks off from donations. The power of centralized financial institutions to crush dissent is very real.
キャッシュレス社会は一見便利に見えますが、重大な欠陥が含まれています。個人から力を奪って、中央管理的制度に力を与えてしまいます。現金を利用すれば、個人間で自由に価値交換ができます。我々は友達を自宅へ夕食に招き入れ、現金を支払ってとある品物を私的に交換することができます。自宅という密閉されて私的な空間では、その取引に対し第三者は誰も干渉することができません。しかし、中央管理的なタイプの電子マネーの場合、システムを管理する企業が全ての取引を監視でき、何らかの理由で取引を拒絶することもできます。最悪の場合、ユーザーをシステムから完全に切り離すこともできます。2010年にウィキリークスへの寄付金はVisaとMastercardに恣意的に封鎖された時、この力の生々しい実例を見せてくれました。反対者を潰せる中心的な金融機関の力は極めて現実的な脅威です。

The threat of this power is two-fold; on the one hand, government pressure can have critics arbitrarily cut off from all finance. But on the other hand, the threat of being cut off also discourages dissent, and encourages self-censorship.
この脅威には2つの側面があります。一方では、政府からの圧力は批判者への金銭の流れを断つことができ、他方では、資金が絶たれてしまう恐れが反対意見を萎縮させ、自己検閲を助長してしまいます。

This is where cryptocurrencies like Bitcoin enter the picture. Being a peer-to-peer system, cryptocurrencies have no central control. Much like cash, they allow individuals to trade freely with each other. But unlike cash, cryptocurrencies allow these trades to happen at any distance. Two users in different countries can freely exchange value, as long as both are connected to the internet. Certainly there is the possibility of criminal abuse, just as with cash. But it also creates a check against the abuse of centralized power.
この状況に、ビットコインなどの仮想通貨はビジョンを持っています。P2Pシステムだからこそ、中央管理とは無縁です。現金のように、個人間に自由な価値交換を可能にします。でも現金と違って、距離に影響されていません。2つの仮想通貨ユーザーは別々の国にいても、インターネットと接続できれば、価値交換できます。確かに、犯罪に用いられる可能性はありますが、権力乱用に対する施策としても役立ちます。

However, there is one massive Achille’s Heel to many cryptocurrencies; the public blockchain. The blockchain is a completely public ledger of every transaction on the network. Every detail of every transaction is recorded and shared publicly. This means your wallet address, your IP address, account balance, and every transaction are public knowledge. Not even bank accounts or credit card companies share this much information about their users.
でも仮想通貨にはアキレス腱もあります。それは公開ブロックチェーンです。ブロックチェーンは仮想通貨ネットワークの全取引の公開された台帳です。ブロックチェーンは全取引のあらゆる詳細を記録し、公表されます。つまり、ウォレットのアドレス、IPアドレス、勘定残高、そして全取引の詳細が世間一般に知れ渡ります。銀行でもクレジットカード会社でもそこまでユーザーのプライバシーを侵害していません。

So, while cryptocurrencies allow free exchange of value between individuals, the total panopticon of the public blockchain means the association between individuals can still be policed. Cryptocurrencies still need to be exchanged for cash via exchanges, and if the government can monitor every transaction on the blockchain, they can still order exchanges to cut off users they don’t like. If you donate Bitcoin or Ethereum to an opposition party, or a government critic, your account can be flagged by the authorities. If you use Bitcoin or Ethereum to pay for anything personal or embarassing, this can be used to blackmail you. Knowledge of perfectly legal but private activities can easily become a tool of control.
では、仮想通貨は個人の自由な価値交換を可能にしながら、公開ブロックチェーンがユーザー間の結社を監視することを可能にします。仮想通貨はまだまだ取引場で現金への換金が必要であり、そして政府が全取引を監視できれば、取引場へ圧力をかけることができます。もし仮想通貨を野党や批判者へ寄付したら、政府が当該アカウントをマークすることもできます。そして仮想通貨を使って個人的にあるいは羞恥心を伴う種類のものを購入すれば、脅迫のターゲットになる可能性すらあります。法的に何ら問題ないにもかかわらず、誰にも知られたくないプライベートな行動についての知識は結局社会統制の道具になってしまいます。

It’s worth noting, this isn’t only a problem from the government. A total public blockchain means anybody can find all of this information easily. But, with specialized surveillance tools like Elliptic, the speed and scope of government surveillance is a much bigger threat.
注目すべき問題点は、政府の監視だけではありません。公開ブロックチェーンのせいで、誰もが同じ情報を収集できます。ただし、「Elliptic」みたいな専門的な監視ツールを利用して、政府による監視の範囲と速度はより脅威となるのです。

So what can we do about it? First, we need to understand that totally public blockchains are bad for individual users. Unfortunately, this means that using Bitcoin or Ethereum will always be a risk. We need to start using, promoting, and fighting to normalize cryptocurrencies that embed privacy into their infrastructure, like Monero, ZCash, Dash, or Augur. If you have cryptocurrency in public blockchains, consider moving some of it to more private cryptocurrencies. And finally, reject centralized corporate control and build markets and businesses that respect the privacy of their users. No one person can change the world alone, but each individual can change the way they do business. And if we all change together, then maybe the world can change with us.
では、我々はどうすれば良いのでしょうか?先ず、完全な公開ブロックチェーンというものは、個人ユーザーにとって良いものではないという事実を認めなければなりません。残念ながら、これではビットコインやイーサリアムの利用はプライバシー的に危険だという意味です。Monero、ZCash、Dash、またはAugurみたいなプライバシー保護という考えで設計される仮想通貨を利用、奨励し、正常化するために闘わなければなりません。もし、あなたが公開ブロックチェーンの仮想通貨を保有している際は、プライベートな通貨に替えることを検討して下さい。そして最後に、中央集権的な企業のシステムを拒否して、ユーザーのプライバシーを尊重するビジネスや市場を築いて下さい。一人の人間だけではこの世界を変えることができませんが、ビジネスのやり方を変えることができます。そして私たち皆が共に変えるとしたら、世界も我々と共に変わるかもしれません。

This was アノニマスの見解, and until next time… 待ち受けなさい。
以上、アノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.10: フィッシング・バカ日記

Hello again, Internet. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
ネットのみなさん、こんにちは。最新の「アノニマスの見解」にようこそ。

Almost exactly one year ago, in March of 2017, we talked about surveillance and the cost of enforcement in Episode 3. At the time, the Japanese government was steamrolling through the Conspiracy Law and giving the Police worrying new powers to spy on the population.
2017年の3月、ほぼ一年前に、第3話で監視社会と執行費用について語りました。その当時は、日本政府は国会で共謀罪法案を強引に押し通していました。その結果として、警察庁と公安部の監視能力は憂慮すべきほど拡大されました。

Since then, we’ve heard very little about the Conspiracy Law, or government surveillance in Japan. But no news is not necessarily good news. Covert surveillance being what it is, we often only hear about it when it’s already too late, and rarely through mainstream channels. In fact, there’s reason to believe that the Japanese government is actively involved in monitoring its citizens right now. But as usual, to understand how, we need to look at some other news.
それ以後、共謀罪や監視についてのニュースはほぼありません。でも便りのないということが必ずしもよい便りであるとは言えません。ひそかな監視の世界にあって、手遅れになってからようやく真実を見いだすことは余りにも多いのです。実は、今この瞬間に日本政府が一般市民のオンライン活動を監視しているということを信じるだけの十分な理由がありますが、もちろん理解するには先ず背景を知っておく必要があります。

In October of 2017, Kaspersky Labs discovered a new breed of Android malware, which it named “SkyGoFree”. When news about SkyGoFree started appearing in early 2018, it was obvious this was a cut above your common Android trojan. Rather than serving up spam or installing crypto miners, SkyGoFree gave the attacker full control of the device. It could track location, record audio and keystrokes, and exfiltrate all data, including from the clipboard. It even had the ability to use “geofencing”; If GPS data showed the device was inside a target location, the microphone could automatically start recording and send the data to a remote server.
「SkyGoFree」と名前を付けられた新アンドロイドマルウェアが2017年10月にカスペルスキーによって発見されました。2018年初頭にSkyGoFreeのニュースが広まるにつれて、それは他のマルウェアよりも一段優れたものだったということが明らかになりました。SkyGoFreeはアフィリエイトスパムや仮想通貨のマイニングのためではなく、むしろ標的アンドロイドデバイスを完全にコントロールするために使うことができます。デバイスの場所を追跡して、ひそかにマイクを起動でき、キーボードで入力される内容もコピーできます。すべてのデータ(クリップボードも含まれる)をデバイスからこっそり抽出できます。さらに「ジオフェンシング」の機能もあります。GPSデータからデバイスは指定地域に入ったことが検出されたら、マイクを自動的に起動して、録音されるデータをリモート・サーバーまで送信できます。

SkyGoFree also had custom payloads that targeted specific Social Media applications, including Facebook, WhatsApp, Viber, and (of particular interest to Japanese users) LINE. It could also secretly connect to malicious wifi hotspots, even if the user had wifi deactivated, making it easier to monitor targets.
人気SNSアプリを監視する機能もSkyGoFreeに含まれています。その機能はFacebook、WhatsApp、Viber、そして(日本のユーザーにとって特に興味深い)LINEを含みます。設定にもかかわらず、通信を盗聴するためにデバイスをひそかに悪質な無線LANに接続できます。

Fortunately, SkyGoFree can’t very easily install itself on a target device. The usual method for infection is to direct a target to a fake website that imitates their mobile carrier, then trick them into downloading and installing an infected APK. SkyGoFree victims were almost exclusively found in Italy, so this isn’t a worldwide phenomenon. But the capabilities of this malware suggested it wasn’t some low level criminal operation. SkyGoFree was very likely developed as a Lawful Intercept tool for government and corporate use.
幸いなことに、SkyGoFreeは勝手にデバイスにインストールされることはありません。典型的な感染方法は携帯プロバイダーに見せかけた偽サイトからの感染したアプリです。SkyGoFreeの被害者は全てイタリア在住者なので、世界的な現象ではありません。でもこのマルウェアの機能を考えると単なる犯罪グループの仕業ではなさそうです。SkyGoFreeはおそらく政府あるいは企業向けのスパイウェアとして作られました。

Who made SkyGoFree? That remains unknown, but Kasperky’s analysis of the source code found two things. First, comments were written in Italian. Second, certificates and control servers repeatedly used the word “negg”. Most media outlets talking about SkyGoFree have been careful to avoid making any accusations…it’s good way to get in legal trouble, so that’s understandable. But the fact is, there is an Italian IT company called “Negg International”, which offers cyber-security and mobile app services.
誰がSkyGoFreeを作ったかまだ不明です。でもカスペルスキーによるソースコードの分析に基づいた2つの手掛かりがあります。まず第一に、ソースコードのコメントはイタリア語で書かれました。第二に、「negg」という名前は認証と指令管制サーバーで用いられます。法的責任を恐れ、ほとんどのニュースサイトは非常に用心してSkyGoFreeについて報告していましたが、実は「Negg International」というイタリアのITセキュリティーとモバイルアプリ企業が存在します。

Attribution in cyber-security is notoriously difficult, and while the evidence pointing at Negg is compelling, it could just as easily be a red herring to throw off investigation. However, Italy is no stranger to spyware manufacturers. The now-infamous “Hacking Team” was an Italian company, after all. And after their fall from grace, it’s hardly impossible to imagine others would try to fill the gap.
サイバーセキュリティの世界にあって、責任帰属は非常に難しい問題です。Negg Internationalを示す証拠は有力ですが、真犯人は発覚を避けるための煙幕を作ったという可能性もあります。しかしそうは言っても、イタリアはマルウェア開発企業になじみがあります。評判の悪い「Hacking Team」はイタリアの企業でした。Hacking Teamが信用を失墜した後で、他の企業が市場の隙間を埋めると思ってもおかしくはないでしょう。

Now on to our second story. In March of 2018, The Citizen Lab reported that Egyptian and Turkish ISPs were redirecting non-HTTPS traffic to phishing sites that infected them with FinFisher brand government spyware, as well as cryptomining malware. This redirection was made possible by a piece of equipment called a “middlebox”, which transforms, inspects, filters, or otherwise manipulates traffic that passes through it.
次の話に進みましょう。2018年3月に、Citizen Labという人権団体の報告によると、エジプトとトルコのプロバイダーはユーザの暗号化されていないウェブトラフィックを偽サイトまでリダイレクトし、FinFisherという政府向けスパイウェアまたは仮想通貨マイニングマルウェアを感染させたという新事実が明らかにされました。これは「ミドルボックス」というネットワーク装置によって可能となりました。プロバイダーはミドルボックスを使って通信を傍受し、リクエストに応じて変更を加えることができます。

The middleboxes in question were PacketLogic brand devices, manufactured by a Canadian company, Sandvine (which was merged with an American company, Procera Networks, in 2017). Among other things, PacketLogic middleboxes are capable of something called “deep packet inspection” or “DPI”. This lets them study the contents of user web traffic, and change, redirect, or block it as desired.
問題になっているミドルボックスは「PacketLogic」というブランド名の装置でした。メーカーは「Sandvine」というカナダの企業です(そして2017年にProcera Networksというアメリカの企業と合併されました)。他にも多数の機能がありますが、Packet Logicのミドルボックスにはディープ・パケット・インスペクション(DPI)の機能があります。DPIを利用すれば、プロバイダーが通信の内容を傍受、変更、リダイレクトが可能で、思うがままにブロックすることができます。

Using Sandvine equipment, ISPs in Turkey and Egypt would detect unencrypted web traffic and redirect it to phishing sites, most likely at the request of the government, who could use spyware infected phones to spy on their citizens, and use cryptominers to fund their own black budgets.
Sandvineの装置を利用して、エジプトとトルコのプロバイダーは暗号化されていない通信を発見して、スパイウェアに感染させるために偽サイトまでリダイレクトしました、おそらく政府の要請によって。そうやって市民に監視する能力を広げて、仮想通貨マイニングで闇予算に資金を提供できます。

So why is this important? What do Italian Android spyware and Turkish ISP middleboxes have to do with surveillance in Japan?
では、なぜこのニュースが重要なのでしょうか?イタリアのスパイウェアやトルコのミドルボックスは日本における監視と、どのような関係があるのでしょうか?

First of all, it’s already known that the Bureau of Public Security was in the market for Italian spyware in 2014. At the time they were buying Hacking Team’s “GALILEO” software, but it’s unknown whether they actually purchased it, or whether they used any other suppliers.
先ずは、2014年に日本の警視庁公安部がイタリアのスパイウェアの購入を希望していたことは既に知られています。あの時に彼らはHacking TeamのGALILEOスパイウェアを買おうとしましたが、結局Hacking Teamまたは他の供給者のスパイウェアを買ったかどうかは知られていません。

Regardless, the fact that they want spyware makes it safe to assume they intend to use it, and that they’ll seek to keep their spyware arsenal up to date. It is well within the mandate of Public Security to monitor anti-war, anti-globalism, and other social movements. The Conspiracy Law only makes it easier for them to do so.
それにもかかわらず、彼ら警視庁公安部がスパイウェアを購入しようとしたことから、彼らがスパイウェアを利用したかったこと、そしてまたスパイウェア技術の進歩に追随していきたいことが推測できます。公安部の目的の中には、市民活動、反グローバリズム運動、そして反戦の活動を監視することも含まれています。共謀罪法案につれて、監視するのはこれまでになく容易になってしまいました。

Secondly, the same PacketLogic devices used in Turkey and Egypt also exist in Japan. In July 2015, Procera announced that Softbank would use PacketLogic middleboxes for their LTE network. It’s unknown whether these devices are deployed on other telecom carrier networks, but it’s likely they have similar equipment.
次は、エジプトやトルコに利用されたPacket Logicミドルボックスは日本にも利用されています。2015年7月に、Procera Networksは、ソフトバンクがPacket LogicをLTEネットワークに使用すると発表しました。他のテレコム会社が使うかどうかは知られていませんが、類似の装置は利用されている可能性は少なくないでしょう。

So, to recap: Public Security is responsible for monitoring social movements. Public Security almost certainly uses spyware. At least one Japanese telecom giant uses equipment that can infect smartphone users with spyware. And the Conspiracy Law makes it legal to use spyware on civic groups. Is the Japanese government actually doing this? Maybe. But doo they have the ability to do it? Absolutely.
それでは、要点をまとめましょう。公安部が日本における市民活動を監視しています。公安部はスパイウェアを利用していると考えるのは至極当然であります。少なくとも一つの日本モバイルプロバイダーはスパイウェアを感染させるネットワーク装置を使っています。そして共謀罪法案につれて、市民団体を監視するためのスパイウェアの利用は合法化されてしまいました。さて、それらは実際に使われているのでしょうか?可能性もなくはありません。では、使う能力は存在するのでしょうか?はい!もちろんそれは疑いもなく存在します。

We said this one year ago, but it bears repeating: if you are part of any social movement in Japan, you cannot afford to assume you are not a target. Even one lapse of judgement with your smartphone can turn you into a walking wiretap. Cyber-security is everyone’s problem, and it only takes one person to compromise the security of an entire group. So if you don’t want to be the weakest link, here’s some advice for you to follow:
この件については一年前に伝えましたが、どれだけ誇張してもし過ぎることはありません。日本における市民活動に参加する方々へ。あなた方はスパイウェアから標的にされていることを当然だと思って下さい。セキュリティでたった一度でもミスをすれば、スマホは盗聴装置になってしまいます。サイバーセキュリティはみんなの問題です。1人のメンバーだけのミスが、全員のセキュリティを低下させてしまいます。あなたがセキュリティの輪の最弱点にならないように、以下のアドバイスに従いましょう。

Always check the URL of a site you visit, especially if you need to enter passwords or other sensitive data. Phishing sites often use similar-looking URLs, so if you feel something is suspicious, check carefully. Also, make sure the site is using HTTPS. You can usually see a green lock icon next to the URL. If a site that looks like your mobile provider or internet company is pressuring you into downloading an “update” or “virus cleaner”, consider that it might be a trick and do some research first.
ウェブサイトに行く時に(特にパスワードなどの個人情報を入力する場合)必ずURLをチェックして下さい。偽サイトは誤解を招くようなURLをよく使いますので、不審に思ったらじっくりチェックして下さい。それに加えて、サイトがHTTPSを使うかどうかもチェックして下さい。通常はブラウザに、URLの隣に緑色のロックアイコンがあります。モバイルプロバイダーのように見えるサイトから「アップデート」などを無理やりにダウンロードさせられたら、それはペテンかどうかを考えてから検索してみて下さい。

If possible, use different devices for your activism and your daily life. If you have a smartphone you use for casual web surfing and social media, do not use it to communicate with your activist group. You’re more likely to visit infected sites or click on links during personal web surfing, so using the same device for both increases your risk considerably. It’s easy to go to a used electronics shop and buy a seperate laptop, phone, or tablet cash and carry. For bonus points, install a non-commercial OS like Qubes, Copperhead, or at least Lineage.
可能なら、活動と日常の利用に別のデバイスを使いましょう。普通のネット・サーフィンやSNSのために使うスマホやタブレットがあれば、活動グループのために使用は避けて下さい。日常のウェブサーフィンでは偽サイトあるいは怪しいURLにアクセスする可能性が非常に高いので、両方のために同じデバイスを利用するとスパイウェアのリスクが高まります。中古電化製品店から現金でノートPCやスマホを買うのは簡単なことです。さらにセキュリティを高めるため、Qubes、Copperhead、あるいはLineageのような別OSをそのデバイスにインストールするといいでしょう。

Don’t use the same accounts either. Even if you have to use the same device, using personal e-mail or social media accounts for activism is dangerous for the same reasons. Ideally, you should be using non-commercial open-source services hosted outside the country for things like e-mail and cloud storage.
活動と日常の利用に別のアカウントも使いましょう。同じデバイスを使うしかなくても、さっきと同じ理由で、活動のために同じアカウントを使うのは危険です。理想を言えば、活動のためのメールやクラウドサービスに国外のオープンソースものを使う方が好ましいでしょう。

Using a pocket wifi device is better than using an internal SIM card, or public wifi. Personal pocket wifi gives you more control over when your device is connected or not, as well as how many people are using the connection.
SIMカードや公衆無線LANよりポケット無線LANの方が良いでしょう。自分のポケットワイファイの場合、ネットに接続するかどうか、そして誰が使ってるかどうか両方をコントロールできます。

Use Tor or a out-of-country VPN for all online activism. When connecting your devices to the internet, you need to remember that your ISP is probably helping to spy on you. An encrypted tunnel to an out-of-state VPN makes it harder to monitor or tamper with your traffic.
全ての活動には、Torや国外VPNを必ず利用して下さい。デバイスをネットに接続するたびに、プロバイダーも監視に協力する可能性があることを忘れないで下さい。国外のVPNサーバーまでの暗号化トンネルは通信の監視と不正使用を難しくします。

Don’t use Apple products for activism. iCloud may be safe against most criminal hacking attempts (usually), but Apple has been happy to cooperate with government spying requests in China and elsewhere. iPads and iPhones are also harder to modify and change OS on. Android is far from perfect, but at least it gives you more options.
活動には、Apple社の製品を使わない方が良いでしょう。iCloudアカウントは第三者からの不正アクセスから守られているかもしれませんが、Apple社は喜んで中国やその他の国の政府の監視に協力しています。しかもiPadやiPhoneのOSは設定を変更しづらいです。Androidは完璧ではないが、より柔軟性があります。

Similarly, don’t use big name social media for activism. Find and use an open source platform that does not rely on the central control of a commercial entity. Like Apple, Facebook, Twitter, and LINE will share your information with the police if ordered to.
それに関して言えば、活動には大企業のSNSを使わないで下さい。企業による集中型システムに頼らず、オープンソースプラットフォームを使う方が良いです。Facebook、Twitter、LINE、これらもApple社と同じく政府の監視に協力するでしょう。

Encrypt. Everything. Always. Never ask yourself if it’s necessary. It’s always necessary. It costs you nothing but time, and a little effort in the short term can save you a lot of trouble later on.
何から何まで暗号化しなさい!そして必要があるかどうかを悩まないで。必要性は常にあります。かかるコストは時間のみ。そしてトラブルは未然に回避することができます。

And finally, encourage all your members to share the same security practices. You can have the best security in your group, but if everybody else is infected with spyware, it doesn’t matter.
最後に、他のメンバーを同じレベルのセキュリティを採用するよう奨励して下さい。活動のメンバーがスパイウェアに感染されたら、自分のセキュリティは高くしても役に立ちません。

As the world spins deeper and deeper into dystopia, cyber self-defense becomes more and more a crucial life skill. If you get lazy about your security now, you might find it’s far too late when you come to regret it.
世の中がだんだん完全なディストピアに陥って行くにつれて、サイバー自己防衛はますます不可欠な能力になります。もし、短期的な視野でセキュリティの手を抜いたら、おそらくあなたは後になって後悔することになることでしょう。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time… MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。